ロンドン名物「2階建てバス」が電気自動車になる

写真拡大

ロンドン市は積極的に、公共バスのハイブリッド化やEVバスの導入を進めている。10月には、2階建てバスでは初となるEVも走行を開始する。

Today I announced world 1st electric doubledecker bus trial at #CleanBusSummit @tfl @c40cities http://t.co/3Q5JpjmqTM pic.twitter.com/p1LxedOEb2

「ロンドン名物「2階建てバス」が電気自動車になる」の写真・リンク付きの記事はこちら

? Boris Johnson (@MayorofLondon) 2015, 6月 29

ロンドンのボリス・ジョンソン市長は6月29日(現地時間)、2階建てバスでは初となる完全なEVの「ゼロ・エミッション」車が2015年10月に試験走行を開始すると発表した。

このバスのデザインが、伝統的な二階建てバスである「ルートマスター」と、どの程度似ているかはまだ不明だ。なお、古いルートマスターは2005年に引退したが、2013年からロンドン市内の観光路線で使われている。

新しい二階建てのEVバスは、中国のBYD社が製造し、16番線を走行する予定だ。リリースによると、2016年までに新しいルートマスター約800台が走り始め、二酸化炭素排出量を年間27,500トン削減できるという。

2015年中には、英国初の純粋なEVバスの路線が、ノーウッドとクロイドンを結ぶ312番線につくられる。この路線では、2012年から、合計10台の普通型のEVバスが使われている。

ロンドンでは2008年以降、ハイブリッド・バスが1,300台以上導入されている。旧型車1,400台を改造したもので、排気ガスが88パーセント削減されたという。

今後は、通常型の市バス300台全部を、2020年までにゼロ・エミッション車にし、さらに、3,300台ある2階建てバスをすべて、少なくとも欧州排出ガス規制(ユーロ6)によるハイブリッドEVの基準に合わせるという。

また、ロンドン交通局は、バスが停留所に停車している間にバッテリーの再充電ができる非接触式充電の導入を進める予定だ。試験走行は、イーストロンドンのカニング・タウンとウォルサムストウを結ぶ69番線で、ディーゼル・ハイブリッド・バスを使って開始される。

ただし、新型ルートマスターに関しては、設計・製造にかかる費用が高いという批判的な声もある。さらに、ロンドンの空気は、重要な大気環境基準に照らすと、十分きれいとはいえない。ジョギングをする地元住民たちは、排気ガスが多い時期にはロンドン市内のある部分は避けるようにと警告されるほどだ。

※日本でも各地でEVバスの営業運行が行われている。以下は、2015年4月に運行を開始した川崎鶴見臨港バスのEVバス。

TAG

EVEVBusLondonVideoWIRED UK