6月20日、音羽山親方(元大関・貴ノ浪)が、急性心不全のためこの世を去った。43歳という若さだった。音羽山親方の死は、角界の勢力を変える嚆矢となる可能性がある。
 
 今のところ北の湖理事長は現ナンバー2の八角親方(元横綱・北勝海)をワンポイントリリーフにして、貴乃花親方を将来の理事長にする構想を描いているといわれるが、
 
「そこへ待ったをかけたいのが、前回の理事選の際、次期理事長候補といわれながら、高砂一門内の派閥抗争で八角親方に敗れて無役となった九重親方(元横綱・千代の富士)。盤石と見られていた貴乃花グループにポッカリ穴が空いた今こそ、勢力挽回の好機。佐ノ山親方(元大関・千代大海)を参謀にして、勢力の拡大を狙ってくるでしょう。ただでさえ、貴乃花親方とは因縁がありますから」(相撲ジャーナリスト)
 
 昨年の理事選で敗れた九重親方は監察委員を務めている。場所中の取り組みの内容をチェックして、打ち出し後に責任者である監察委員長・貴乃花親方に報告する立場となった。
 
「理事選を境に、“本日も無気力相撲(八百長)はありませんでした”と、それまでの部下、それも現役引退のきっかけとなる敗北を喫した貴乃花親方に報告することに。九重親方にとって、想像以上の屈辱の日々だったでしょう」(同前)
 
 現役時代は「ウルフ」と呼ばれた九重親方。虎視ならぬ“狼”視眈々は間違いない。大物親方の死が、角界をきな臭くしている。

※週刊ポスト2015年7月10日号