夏になって暑くなると、あなたの料理に対するやる気に変化はありますか?

写真拡大 (全6枚)

 クックパッドは、6月16日〜6月19日の期間、クックパッドユーザー3,026人(女性2,659人、男性367人)を対象に、夏の料理に関するアンケートを実施した。

 夏の暑い時期の料理について気持ちの変化を聞いたところ、7割超が「やる気が下がる」と回答した。「暑いので時短に済ませたい」という回答も約7割を占め、キッチンに立つ間も「なるべく火を使いたくない」との声が約6割となり、暑さが料理に対するモチベーションに大きく関与していることがわかった。また、「夏バテ防止のため栄養バランスに気を遣う」との回答も4割超となっている。

 夏の暑い時期に取り入れたい調理テクニックを聞いたところ、6割超が「電子レンジを活用する」と回答し、「フライパンを活用したい」との声も4割超を占めた。

 夏の暑い時期によく使うめん類を聞いたところ、「そうめん」との回答が8割超で最も多く、次いで「パスタ」「冷凍うどん」の順となった。中でも「冷凍うどん」はクックパッド内の検索頻度も年を追うごとに上昇し、2014年は前年比2.4倍となっており、夏の暑い時期に作りたい冷たい料理としても、6割超が「サラダうどん」と回答している。

 夏の暑い時期に作りたい冷たいおやつを聞いたところ、「アイスクリーム」「ゼリー」「かき氷」「シャーベット」という定番メニューが回答上位に並ぶ中、第5位に和菓子の「わらび餅」が入った。