「ジュラシック」今度はSW越え、全米の歴代興収ランクTOP5入り。

写真拡大

公開するやいなや、次々と映画史の歴代記録を塗り替えてきた「ジュラシック・ワールド」(日本公開8月5日)が、公開3週目もまた新たな記録を樹立した。

公開1週目にして全世界オープニング歴代興収1位(5億2410万ドル)という歴史的快挙となる、大記録を叩きだしスタートダッシュを切った本作。公開2週目もピクサー20周年作品「インサイド・ヘッド」との激戦を制し見事にV2を達成、さらに世界規模でのメガ・ヒット作品となっている本作の勢いはとどまることを知らず、6月22日には映画史上最速となる13日目(※一部地域では全米に先立ち6月10日公開)にして、全世界での累計興行収入が10億ドルを突破した。これは今年公開し大ヒットした「ワイルド・スピード SKY MISSION」が公開17日目で記録した日数を4日間も上回る新記録となり、まさに“ジュラシック・フィーバー”と言えるほどの社会現象となっている。

そして、公開3週目となった先週末(6月26日〜28日)には、全米週末興収は5453万ドルと、他作品を寄せ付けず圧倒的な強さで見事ランキングV3を達成。また、6月26日には「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を抜き、「2015年度全米公開作品興行収入1位」を記録し、今年No.1のヒット作と呼べる作品となった。

さらに全米での累計興収が歴代最速となる17日目にして5億ドルを記録。現在まで、全米の興収が5億ドルを超えたヒット作は本作を含め5作品のみ(アバター、タイタニック、アベンジャーズ、ダークナイト)ということからも、驚異的なヒットを飛ばしていることが見て取れる。

そして今回、あの「スター・ウォーズ」シリーズの中で、最もヒットしている超大作「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」を抜いて、全米累計興収歴代トップ5にランクインを果たした。

公開3週間目に入るも圧倒的なスピードで、映画史の歴代録を更新し続けている「ジュラシック・ワールド」の快進撃は、今後も留まることを知らず、ますます目が離せなそうだ(※数字はBox office Mojo調べ) 。

映画「ジュラシック・ワールド」は8月5日(水)より全国公開。

☆全米歴代興行収入ランキング(2015年6月29日現在)

1位「アバター」7億6050万ドル 2009年
2位「タイタニック」6億5867万ドル 1997年
3位「アベンジャーズ」6億2335万ドル 2012年
4位「ダークナイト」5億3485万ドル 2008年
5位「ジュラシック・ワールド」5億689万ドル 2015年