ジェラートワールドツアー東京

写真拡大

 ジェラートワールドツアー東京実行委員会は、9月4日〜6日に、駒沢オリンピック公園中央広場で『ジェラートワールドツアー東京』を開催。東アジア地域より選ばれた16人のジェラティエーレ(ジェラート職人)が、2017年にイタリアで行われる本選の代表をかけて競い合う。

 5月28日に東京・表参道ヒルズで開催された「ジェラートマエストロコンテスト」では、マルガージェラートの代表者である柴野大造氏が優勝。この快挙により、柴野氏は「ジェラートワールドツアー東京」への出場権を獲得し、イタリア・リミニのグランドファイナル出場を狙う。

 ジェラートワールドツアーとは、イタリア外務省の後援のもと、イタリアンスタイルの歴史深いジェラート文化を全世界に広めることを目的とした「国際移動型大会」であり、世界中のジェラート職人の想像力や技を競うコンテスト。これまで、世界8都市、ローマ、バレンシア、メルボルン、ドバイ、オースティン、ベルリン、リミニ、シンガポールで開催されている。