『ピクセル』日本版ポスター/画像は公式Facebookより

写真拡大

9月12日(土)から全国公開されるハリウッド映画『ピクセル』のバトルシーンやメイキング映像のほか、クリス・コロンバス監督をはじめとするスタッフやキャストによるインタビューを交えた特別映像が公開された。

【映画『ピクセル』特別映像&ポスター公開! あふれるレトロゲーム愛の画像・動画をすべて見る】

さらに、「ゲームクリアか、全滅か。」のキャッチコピーとともに、80年代レトロゲームキャラの代表格ともいえるパックマンドンキーコングに立ち向かう元オタクたちを描いた日本版ポスターも解禁となった。



懐かしのゲームキャラが地球を侵略!?


画像は『Pixels』公式Facebookより

画像は『Pixels』公式Facebookより



『ピクセル』は、大人気映画「ハリー・ポッター」シリーズを手がけたクリス・コロンバス監督による新作映画。

日本のコンピュータゲームとして誕生し、今では世界中で愛されている『パックマン』、『ドンキーコング』、『ギャラガ』、『スペースインベーダー』などから懐かしのゲームキャラが地球の侵略を開始。人類代表としてかつての最強オタクゲーマーたちが世界を救うべく立ち上がるという、ゲーマーなら胸が熱くなるような展開に。

画像は動画のキャプチャ

画像は動画のキャプチャ



解禁された特別映像では、巨大なゲームキャラが街を襲い建物や車がピクセル化して崩壊していく迫力のシーンなど、予告編でもお目見えしていたシーンに加え、1982年のゲームチャンピオン・エディ(別名・ファイヤーブラスター)を演じた個性派俳優のピーター・ディンクレイジさん、プロダクション・デザイナーのピーター・ウェンハムさんらが登場。

80年代当時にアーケードゲームに夢中になっていたスタッフやキャストが、映画の見所や撮影の様子などを語っている。

画像は動画のキャプチャ1

画像は動画のキャプチャ



コロンバス監督は、「ゲームキャラが実在した場合の動きや見た目を考えた」と解説。バーチャルとリアルが融合した世界観となっているようだ。