社内のアセットを活用する仕組み──「エンジニア・ドリヴン」な組織が生み出すイノヴェイション(3)

写真拡大

企業にはさまざまなアセットが存在するが、そのアセットを十分に活用できている企業はそう多くはない。しかし、エンジニア・ドリヴンな企業では、エンジニアがその仕事の枠を越えて社内のアセットを活用し、より良いイノヴェイションにつなげている。リクルートライフスタイルのアセット活用の仕組みと、そこから生まれる質の高いサーヴィスについて、開発チームを率いるマネジャーらが語る。

友永隆之|TAKAYUKI TOMONAGA
大手WEBサーヴィス企業にてエンジニアとしてECサイトの開発・運営を経験。2011年、リクルートのサーヴィスが本格的にネット化するタイミングに合わせ、ビジネスをつくれるエンジニアになりたいと思いリクルート(現リクルートライフスタイル)に入社。現在はAirシリーズを含めたプラットフォーム系サーヴィスのエンジニアマネジャーを担う。

「社内のアセットを活用する仕組み──「エンジニア・ドリヴン」な組織が生み出すイノヴェイション(3)」の写真・リンク付きの記事はこちら

営業と開発の密な連携が生み出す質の高いサーヴィス

「リクルート=営業力の強い企業」――これは誰もが認めるところだ。とはいえ、営業だけですべてが成り立っているわけではない。その強い営業力という企業アセットが、開発部隊にも大きな影響を与えている。

リクルートライフスタイルで開発マネジャーを務める友永隆之は、「Airレジ」の開発の際にも「営業の力が開発現場で大いに役立ちました」と話す。

「こういったサーヴィスは、クライアントの業務にいかに深く入り込めるかが成功の鍵となります。そこでAirレジ開発チームでは、営業と一緒にクライアントに出向き、現場での業務内容やサーヴィスに求める改善点などをヒアリングするようにしました。想像でモノをつくるのではなく、必要なモノをつくるという視点に立つと、やはりクライアントの意見を直接聞いた上で開発することが理にかなっているからです」

営業とエンジニアが一緒にクライアントにヒアリングする光景は、あまり見られるものではない。友永はこれを「リクルートらしいアセットの活用方法」と見ている。しかも開発者のなかには、営業がいないときにも自らクライアントを訪問する者もいるという。

「ここではエンジニアの業務範囲を制限していないんです。良いサーヴィスが開発できさえすれば、その手法は自由。職責はあまり決めていません」と友永は説明する。

幅広い視点を開発計画に反映

サーヴィスを立ち上げるときによくあるのは、企画担当者、開発担当者、営業担当者など、業務によって担当がはっきり分かれていることだ。もちろんリクルートライフスタイルでもそれぞれの業務に担当者が存在するが、分業の線引きは曖昧で、互いの距離が非常に近いという。「各担当者がしっかり意思疎通することで、サーヴィスの質も上がります」と、友永は自身が担当するサーヴィスへの自信を見せる。

リクルートライフスタイルでは、サーヴィスの集客方法や販売方法までエンジニアが一緒になって考え、開発計画に反映させているという。「エンジニアは開発だけ担当すればいいわけではありません。一生懸命開発しても、使ってもらわなくては意味がないので、さまざまな視点でサーヴィスを捉える必要があるのです」と友永。こうした幅広い視点をもてるのも、リクルートライフスタイルでは各セクションの担当者が近い位置に存在し、それぞれの視点が生かされているからだという。

「皆でアセットを共有し、密に情報連携することで、担当は違っても同じ方向性をもってサーヴィスが展開できます」と友永は述べている。

業務の線引きを厳密に決めず、仕事の自由度も高くする。そうすることで「『やらせ仕事』がなくなり、やりたいことができる」環境が整うと、友永は言う。

それは新卒で入社したばかりの若者でも同じだ。年齢役職関係なく自由に意見を述べ、周囲が納得すれば率先してプロジェクトを推進できる。入社1年目のエンジニアが自ら友永に決裁を取りに行き、実際に開発されたのが「非エンジニアでも使えるテスト自動化アプリ」だ。この自動化アプリは既に現場で成果を出しており、他の領域での展開も検討中である。

「やりたいことを制限する人はいないので、さまざまなサーヴィスが現場から生まれています」と友永。この自由な環境もリクルートライフスタイルの貴重なアセットだとしている。


小川健太郎|KENTARO OGAWA
受託開発会社に就職しプログラマーからキャリアをスタート。自由な環境と優秀なメンバーがいる事業会社で、自ら意思決定しながら仕事をしたいと考え、2012年にリクルート(現リクルートライフスタイル)に入社。現在はエンジニアマネジャーとして、働きやすい環境づくりや新しい技術の積極的な採用検討など、強い開発組織づくりに注力している。

自由な職場環境で自由に成長

自由に働けるというリクルートライフスタイルの仕事環境のありがたみは、友永を師匠と仰ぐ小川健太郎も同意している。

「自由に働かせつつ責任感を持たせるというバランスがリクルートらしいですね。エンジニアの仕事も枠が決まっていません。アウトプットを出す責任はありますが、その方法は自由です」

小川は、リクルートライフスタイルが企業向けサーヴィスからコンシューマー向けサーヴィスまで、さまざまな事業を展開していることもすばらしい環境だと見ている。それは、興味を持った分野にチャレンジしたいと思えば、転職しなくてもチャレンジできるためだ。事実、特定の事業や業務をやりたいと主張すれば、志向性やキャリアに基づいた異動が実現される。

リクルートライフスタイルでは、「企画と開発を按分する部門で、より開発の力をつけたいと考えていた部下をもつマネジャーから相談を受け、その人をエンジニアとして開発チームに受け入れた」こともあると、小川は言う。こうした異動も、マネジャーが部下を修行に出すというよりは、部下の希望をできる限りマネジャーがくみ取り、本人がやりたいことを実現するための手助けをする仕組みがあると小川は説明する。

「マネジャーには、部下の成長にコミットすることが求められていますから、異動の際も部下のキャリアや素養を考えた上で検討します」と小川は言う。人が成長して事業が成長し、企業も成長する。その流れをつくることが、小川の役割なのだ。

新しい技術にも積極的にチャレンジ

人事に関するアセット活用はもちろんのこと、技術や情報面でも社内のアセットは活用されている。

例えば、小川のチームで新たな技術を採用しようとした際、一部からそのリスクについて懸念する意見が上がったが、友永のチームで同じ技術をある領域でテストしていたことを知り、そのテスト結果を小川のチームでも生かすことができたという。これもチーム間での横のつながりが強く、情報共有できている環境にあるからこそできたことだ。

新しい技術の採用について小川は、「次の世代にとって当たり前のサーヴィスをつくるのだから、古い技術ではなく積極的に新しい技術を取り入れるべき」と主張する。その際、社内で情報共有し、同様に新たな分野に挑むチームの実績や前例は大きなアセットとなる。「ここでは情報共有や横の連携がしっかりできていることはもちろん、各個人が情報を入手する能力も高いのです」と、小川は同社での情報活用について述べる。

また小川は、リクルートライフスタイル内に「人を助けることが当たり前だという文化がある」ことも指摘している。冒頭に述べたように、「リクルート=営業力」が大きなアセットであることは小川も認めてはいるが、「実際には最大のアセットは営業力ではなく人間力だと思っています」と小川は主張する。

小川の言う「人間力」とは一体何を意味しているのだろうか。「皆、芯が強いんです。自分の意見をはっきり主張できることはもちろん、自分にはできない分野があることもちゃんと認めていて、ここは助けてほしいとしっかり言える人たちが揃っています」と小川。

自分の弱みを認め、それをさらけ出すことは容易なことではない。しかし、ここには人助けをする文化がある。助けることが事業成長に結びつく。この文化によって、社内のアセットが最大限に活用できる流れができあがっている。

リクルートライフスタイル・エンジニア採用特設サイト