フェイスブック社員の「多様性推進プロジェクト」

写真拡大

フェイスブックが従業員の多様性に関する最新データを発表し、女性とマイノリティーの割合は1年前からほとんど変化していないことが明らかになった。この問題の改善に向けてフェイスブックが行う、「多様性推進プロジェクト」とは。

「フェイスブック社員の「多様性推進プロジェクト」」の写真・リンク付きの記事はこちら

フェイスブックが、従業員の多様性に関する最新報告を発表した。これを見た限り、2014年の1年間で、同社の多様性バランスを適切にするような変化はほとんど見られなかった。同社で雇用されている女性とマイノリティーの数はほとんど、あるいはまったく増えていないのだ。

2014年の報告では、全従業員の31パーセントが女性だったのが、2015年の報告では32パーセントになった。技術職の女性率は、現在でもわずか16パーセントである。

フェイスブックの米国オフィスにおける黒人社員の比率は、2014年と2015年で変わらず、2パーセントのままだった。ヒスパニックも4パーセントと少ない。スタッフには白人とアジア系が多く、合計で約9割を占めていた(以下のグラフ)。

米国オフィスでは、白人とアジア系が約9割を占める(管理職では白人が73パーセント)。黒人は2パーセント、ヒスパニックは4パーセント。なお、2010年のアメリカ国勢調査によると、ヒスパニック系は総人口の16.3パーセント、アフリカ系は12.2パーセント、アジア系は4.7パーセント。

フェイスブックにおける多様性を推進するプロジェクトのリーダーを務めるマキシン・ウイリアムズが2014年10月にUS版『WIRED』に語ったところによると、彼が率いるチームではいくつかの方策がとられている。例えば、採用活動では黒人コミュニティ向けに設立された大学を訪問する。現在の従業員を対象に、偏見をなくすためのトレーニングを行う。若い女性をターゲットにしたコンピューター科学プログラムの広告をFacebookサイトに出すなどだ。

関連記事アップルの「多様性」がわかる報告書

さらにフェイスブックは、マイノリティーに属する大学1年生の学生にソフトウェア開発研修を行う「Facebookエンジニア大学」と呼ばれるプログラムも展開している。ウイリアムズは2015年6月25日付けのブログ投稿のなかで、フェイスブックはFacebookエンジニア大学を受講する学生の数を4倍にする計画だと述べている。

また、フェイスブックは、同社のシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)によるベストセラー『LEAN IN(リーン・イン)女性、仕事、リーダーへの意欲』をきっかけにして誕生したプログラム「リーン・イン・サークル」のスポンサーも務めている。このサークルは、コンピューター科学の分野で働く女性たちを結びつけ、長期にわたる活躍を促すことを目的としている。

フェイスブックは、アメフトのプロ・リーグNFLで行われている「ルーニー・ルール」に似た採用プログラムも試験的に進めているという。

ルーニー・ルールとは、ヘッドコーチなどの上級職を募集する際には、マイノリティーに属する候補者を最低1名面接しなければならないというもの。これに習い、フェイスブックではあらゆる採用の決定をする際に、マイノリティーから1名以上を検討するというルールを試験的に採用しているそうだ。

ルーニー・ルールが設けられたのは2003年だが、その後のNFLにおけるマイノリティー出身コーチの増加に大きな影響を与えた。テクノロジー業界でも同じことができるのかどうかに注目したい。

関連記事シリコンヴァレーは、男中心の社会?

TAG

DiversityFacebookMinorityWIRED US