写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コロプラは7月1日、プロフィギュアスケーターの織田信成さんを起用したスマートフォン向けオンラインアプリ『東京カジノプロジェクト』のテレビCMの放映を開始する。

同アプリは、華やかなリゾート地を舞台にしたカジノリゾートシミュレーションゲーム。テレビCMには、特殊メークでテレビアニメ「逆境無頼カイジ」の主人公・カイジ(伊藤開司)に扮(ふん)した織田さんが登場する。織田さんとカイジに"泣き顔が印象的"という共通点があったことから実現した企画だという。

CMは、"織田カイジ"がカジノゲームの1つ「ルーレット」にチップを全て賭けるというストーリー。織田さんがカイジになりきり、涙を浮かべながら「僥倖(ぎょうこう)―!」と叫ぶ体当たりの演技に注目とのこと。

収録は、大阪にあるカジノバーで行われた。現場に入った織田さんは、1時間の特殊メークを経て"織田カイジ"へと変身。この様子を収録したメイキング映像と、撮影を終えた織田さんのインタビュー映像は、YouTubeでも公開する。

CM放映開始日は7月1日。放映地域は北海道、関東、中京、関西、福岡地域。

ゲーム内でも7月中旬に「逆境無頼カイジ」とのコラボ企画を実施する。ゲーム内にアニメの人気キャラクターをモチーフにしたアバターが登場。また、一部のゲームのデザインも、「逆境無頼カイジ」をイメージしたものに変化する。

(フォルサ)