自転車の前カゴに乗る加藤茶、さんま「ちょっと待て」「やめてあげて」。

写真拡大

タレントの加藤茶(72歳)と45歳下の妻・綾菜さんが、6月30日に放送された「踊る!さんま御殿!」(日本テレビ系)に出演。綾菜さん運転の自転車の前カゴに加藤が乗って出かけるという話に、番組MCの明石家さんま(59歳)が「やめてあげて」と懇願する一幕があった。

綾菜さんはこの日、「前はまだ普通に歩けたんですけど、最近すっごい遅いんですよ。でも格好付けて『オレについて来い』とか言うんですけど、遅すぎて」と、加藤の近況を説明。そのため、自転車の前カゴに乗せて出かけることを明かしたが、これにさんまは「加藤さんを…? ちょっと待て」とツッコミを入れずにはいられなかったようだ。

この前カゴとは、自転車の前に大きなリヤカーのような台車がついているタイプのもの。以前、テレビ番組でもその自転車に乗ってサイクリングを楽しんでいる様子が放送されたことがある。一般的に前カゴと聞いてイメージする、ママチャリに子どもが乗るようなタイプのものではないが、トーク内では詳細な説明がなかったこともあり(※画面上には写真は出ていた)、さんまは恐らく後者を思い浮かべていたのかもしれない。

さんまは「(前カゴに加藤を乗せるのは)それはやめてあげて…」と崩れ落ちながら懇願。綾菜さんの「そういう自転車がある」との言葉を遮りながら、「最低後ろで。加藤さんが前カゴに乗ってるの、それはアカン」「ホンマ奥さん、加藤茶をわかってない」と納得がいかない様子だ。

ただ、前カゴに乗りたいと言うのは加藤自身で「そのほうが楽じゃないですか」。しかし、さんまは「楽でも…ダメです。世間は前カゴに乗ってる加藤茶を見るのは…嫌ですよ」と一歩も引かず。

加藤は「でもみんな指さしながらアハハハと笑ってる」と言い、これを「ウケてるんだと思って」と語るも、さんまは間髪入れず「違う!」。周囲も“笑われている”との空気になり、加藤は「笑われてるの?」と驚いていた。