「ケイは、どんなパーソナリティなの?」

 近ごろ、海外の記者からそう問われる機会が急激に増えた。もちろん、錦織圭は英語を流暢に話せるので、彼らも聞きたいことは直接、英語で尋ねることができる。だが、たしかに人間性となると、異国の言葉で、しかも短い会見の中で見出すことは難しい。

 そして残念ながら、錦織の柔らかくて温かく、同時にユーモラスな人となりを説明するのは、とても困難な作業である。彼のパーソナリティは言葉の内容そのものではなく、それを言うときの間合いや声色、そして言葉を発する際の照れた笑顔やいたずらっぽい含み笑いにこそ、色濃く映し出されるからだ。

 錦織圭のウインブルドン初戦は、シモーネ・ボレッリ(イタリア/世界ランキング55位)相手に6−3、6−7、6−2、3−6、6−3のフルセットの接戦であった。第5セットの途中には、2週間前のハーレ大会で痛めたふくらはぎに、厚くテーピングを巻き直す場面もあった。試合終盤ではリードしていたためか、無理にボールを追うこともなく、相手の好プレーに拍手を送る姿も見られる。

 苦戦したのは、ケガの影響か?
 初戦から3時間22分戦ったことで、悪化していないのか?

 報道陣の多くはそんな不安を募らせながら、試合後の会見場に足を運んでいた。

 白を基調としたウェア着用を選手に強いるウインブルドンの品格と威厳は、プレスルームにも及んでいる。会見には、ジャケットを上品に着こんだ英国紳士が同席し、粛々(しゅくしゅく)と質疑応答を仕切っていくのだ。しかも今年からは、日本語のやり取りまでもが同時通訳され、この司会者に伝えられるという。ただでさえ重厚な会見場の空気が、より重みを増すようであった。

 そのような重々しい雰囲気の中、錦織ひとりが拍子抜けするほど、いつも通り軽やかである。

「テニス自体は、すごく......というほどではないですが、良かったは良かったです」

 錦織は自分のプレーに、極めて肯定的だった。

「ストロークは良かったです。相手もタフなプレーヤーなので、最後に集中力を上げて勝てて良かった」

 さらには、「今日は初めて、芝の上でスライドをコントロールできるようになった」と笑顔を見せる。芝は意図せぬところで足が滑ることがあり、それを防ごうとするがために、ふくらはぎやひざに負担が掛かると言われている。錦織もこれまではたまたま足が滑り、「おおっ、あぶなっ!」と焦ったことはあったが、意識的にスライディングを制御した経験はほとんどなかったのだという。この日も自分の試合直前にノバク・ジョコビッチ(セルビア)を観戦し、芝の上をも自在に滑る世界1位の動きを見ながら、「あれをできればいいな〜」と憧憬の念を抱いていた。

 その錦織が......である。果たして、痛めたふくらはぎに負担を掛けまいとしたケガの巧妙か、この日は芝の上を滑る感覚を制御でき、「そこが嬉しかった」のだと表情をほころばせた。

 もちろん、「直すところは、しっかり直さないと」と、兜(かぶと)の緒を締めもする。

「集中力をしっかり保つのが自分の課題で、直していかないといけないところ」
「もうちょっと前に出たりして、プレッシャーを掛ければよかった」

 そして、プレー面で最も悔いているというのが、第2セットのタイブレークでの、ひとつの選択ミスである。2−2の局面で、錦織は相手のオープンコートにフォアを叩き込んで前に出たが、その詰め方が甘く、ボレッリの返球をボレーで決めることができなかった。

「相手の動きを見てしまって......。あのポイントだけは悔やまれます」

 仮にこのタイブレークを取れていれば、「もう少しプレーに余裕が出てきた」ところ。それだけに結果的には、単なる1ポイント以上の意味を持ったプレーである。

 ふくらはぎのケガに話題が及ぶと、多少は言葉を濁したが、その返答にも彼らしい素直さとユーモアが透けてみえた。

「どのような動きをしたときに、ケガの影響を感じたか?」

 そう聞かれると、いたずらを見つけられた子どものような笑みを浮かべつつ、「たぶん、あっても言わないと思います」と即答し、記者たちの笑いを誘った。

「今日の勝利で、生涯獲得賞金が1千万ドルを超えたが?」

 その問いには、困ったように口の片端を吊り上げながら、「お金はあんまり......興味なくはないですが、それより何百勝のほうが嬉しいです」と苦笑いする。

「日本で応援しているファンの皆さんにメッセージを」

 そう頼まれると、「え〜〜〜〜」と唸り、「そうですね......」と悩みに悩んだ末、観念したかのように、「応援、ありがとうございます。特には......次も頑張ります!」と照れ隠しのように声を張って頭をかいた。

 そのような一連のやり取りを、最初は真面目な表情で見聞きしていた司会の英国紳士も、思わず柔和な笑みをこぼす。厳格で重苦しかった空気を和やかな色に塗り替えたのは、明らかに錦織が放つポジティブでユーモラスな言動の数々だった。

 初戦は、フルセットの接戦だった。ふくらはぎの状態は、決して100パーセントではないだろう。「ケガは大丈夫です」の本人の発言も、そのまま鵜呑みにはできないかもしれない。だが、錦織の明るい表情と、言葉の端々からにじむ余裕や手ごたえは、素直に信じることができる。

 この日の会見は、次のようなやり取りで幕を閉じた。

「ドローはご覧になったと思います。難しいドローかと思いますが、どんな感想を持ちましたか?」

「ご覧にならないので、わからないです」

 自分に過度な期待やプレッシャーを掛けることなく、目の前の1試合1試合に集中するのみ――。そんな清々しいまでの割り切りと決意が、茶目っ気にあふれた口調と表情の中にも、一本の芯として通っていた。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki