スキマをすり抜けるゴキブリに学んだ「ローテク」なロボット(動画あり)

写真拡大

障害物を通り抜けるロボットには、高価なセンサーやアルゴリズムが必要だと考えられてきた。しかし、ゴキブリの動きを参考にして、センサー不要で障害物を巧みに通り抜けるロボットが開発されている。

「スキマをすり抜けるゴキブリに学んだ「ローテク」なロボット(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

カリフォルニア大学バークレー校のチームは、ソフトウェアやセンサーを一切追加せずに、「ロボットのインテリジェント化」を進めることに成功したと発表した。

障害物を通り抜けるには、高価なセンサーやアルゴリズムが必要だと考えられてきた。けれども、そうしたものは追加せず、ただスリムな円形の「甲羅」を付けるだけで、小型ロボットが障害物を巧みに通り抜けるのに成功したというのだ。

『Bioinspiration & Biomimetics』誌に発表されたこの論文は、新タイプの家庭用(場合によっては軍用)ロボットにつながる可能性がある。実際、米国陸軍研究所(ARL)も、研究資金の一部を出している。

研究チームはまず、障害物をすり抜けて進むゴキブリの動きを高速度カメラで記録した。ちょうど芝草のような感じの、垂直の障害物だ。ゴキブリから見れば、熱帯雨林に直面したような感じかもしれない。

続いてゴキブリに、3種類の人工「甲羅」を取り付けて、再び実験を行った。もともとのかたちに近い楕円錐、長方形、平らな楕円形の3種類だ。すると、体に丸みがなくなるほど、ゴキブリが障害物の間を通り抜けるのに必要な転回を行うのが困難になった。

次に、同チームが開発したゴキブリを模した6本脚ロボット(日本語版記事)でテストを行った。オリジナルの形では通り抜けられなかったが、丸い甲羅を付けると無事に通過できた(文末の動画)。

「こうした新しい概念により、地上ロボットは、最小限のセンサーと単純な制御装置によって、雑然としたさまざまな環境を通り抜けることができるようになる」と、研究論文には書かれている。「次のステップは、多様な地形と動物の形態を研究して、地上での行動にさらに適した形状や、場合によってはもっと変形する形状を見つけることだ」

TAG

CockroachRobotVideoWIRED UK