Doctors Me(ドクターズミー)- 人が放つ【オーラ】って、医学的根拠はあるの?

写真拡大

「あの人には、オーラがある」などという表現をよく耳にしますよね。とはいえ、実際に目に見える人は、そうはいません。今回は、そんなオーラについて、医学的な見地から切り込みます!

■ オーラは2種類に分類できる!?

1. 生体エネルギーとしてのオーラ
まずひとつ目のオーラは、霊感の強い人が色として見える、生体エネルギーとしてのオーラを指します。
2. 存在感を意味するオーラ
そして、もうひとつが全身に沿って光を発する、存在感の意味としてのオーラを指します。 つまり、この人オーラがあるね!というように感じるオーラは、こちらを意味するのです。

■ オーラがある人って、どんな人?

では、オーラがある人というのは、どういう人を指すのでしょうか。その特徴が、こちら。
<オーラの特徴7つ>
1. おおらかである
2. その人の雰囲気が明るくて華がある
3. はっきりと物を言う
4. 人と接するときに、無意識に笑顔で接することができる
5. あった瞬間に、人をドキッとさせるような雰囲気をもっている
6. 自分自身に自信を持っている
7. 背筋が伸びている、姿勢が良い

■ オーラはどうやったらできる?

オーラがある人は、一般的に芸能人に多いといわれていますが、誰もが努力をすればオーラを放つことができます。 そのためにはまず、自分に自信をもつことが大切です。自信がもてるようになると、人からもその気迫が伝わり、オーラを放つことができるようになるのです。
とはいえ、自信をもつことは、口で言うほど簡単ではありません。実際に行動に移すことは難しいことです。そこでおすすめなのが、自信をもつために、できることを少しずつトライしてみること。

■ 今日からできる、オーラを放つための3つのコト

1. 自分にはできない、だめだ……、というネガティブ思考を改善。何事もポジティブ思考で考える癖を身につける。
2. 自分のできないことばかりにフォーカスせず、自分のできることを見つけ、焦らず前向きに取り組むようにする。
3. 自信とは、自分にできることを見つけて、それに向かってひたむきに努力を積み重ねることで得られます。できないことを達成することだけが、自信を手に入れるための手段ではないことを知る。

■ 医師からのアドバイス

自信が身につくと、自然と周囲があなたのオーラに気づいてくれるようになるでしょう。