経済効果8兆円超。「国産ステルス戦闘機」関連株を狙え
◆純国産の戦闘機は戦後初!

 とかく防衛といえば、世間の関心は「集団的自衛権の行使容認」というテーマに向けられがち。だが、実はその陰で、巨額のマネーが動くビッグプロジェクトが密かに進行中だ。カブドットコム証券チーフストラテジストの河合達憲氏は次のように指摘する。

「政府は国産ステルス戦闘機・F3の開発に乗り出す方針です。純国産は戦後初で、防衛省はそのための予算として5000億〜8000億円を見込んでいます。しかし、それはあくまで当初に投じるお金で、かなりのレバレッジ(テコの力)が効いた経済効果が期待されているのです」

 最先端技術を結集した次世代戦闘機であるだけに、開発・製造にも相応の資金を要するが、さらにそれから先にもコストがかさむものだ。メンテナンスや改良、そして耐用年数に達した後の廃棄まで踏まえると、膨大な予算が求められることになる。現在の主力戦闘機・F2のケースで試算すると、こうした総費用は100機当たり3兆3523億円に達するという(’09 年に防衛省が実施した試算結果)。

「航空機産業の裾野は広い。100機のF3が生産された場合、このプロジェクトには1100社以上が参画し、その結果として24万人の雇用機会が創出され、8兆3000億円もの経済効果が得られます」(河合氏)

【三菱重工業】東証1部・7011
総合重機の最大手で、ガスタービンをはじめとする電力施設向け機器から産業機械、航空・宇宙、防衛関連まで守備範囲が極めて広く、各分野で高い実績を残す。「国産旅客機MRJが今秋にも初飛行を予定しており、飛行機作りはお手の物。国産戦闘機の開発でも中心的な役割を果たすのは必至」(河合氏)’16年3月期の経常利益も2期連続で過去最高を更新する見通し。戦闘機開発本格化でさらなる躍進も!

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47590

現在株価:789円
単元株数:1000株
最低購入価格:78万9000円
目標株価:1050円
買いメド/損切りメド:790円/ナシ
PER:20.37倍
PBR:1.49倍

【川崎重工業】東証1部・7012
総合重機の大手で、一般的には大型バイクで知られるが、新幹線をはじめとする鉄道車両や航空機でも豊富な実績を残している。最新鋭旅客機B787前部胴体などの製造を担う一方、すでに自衛隊の航空機や潜水艦も手掛けている。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47591

現在株価:628円
単元株数:1000株
最低購入価格:62万8000円
目標株価:860円
買いメド/損切りメド:650円/590円
PER:15.21倍
PBR:2.43倍

【ナブテスコ】東証1部・6268
防衛分野では、航空機の油圧機器やエンジン・燃料機器、操縦系統システム、電源システムなどの製造・修理を手掛ける。同社製の高電圧配電装置がB787に採用される一方、防衛省とも太いパイプを持ち、豊富な納入実績を誇る。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47592

現在株価:3210円
単元株数:100株
最低購入価格:32万1000円
目標株価:3650円
買いメド/損切りメド:3100円/2800円
PER:―倍
PBR:2.71倍

【河合達憲氏】
カブドットコム証券チーフストラテジスト。日本で数少ない証券専攻修士号のマスター称号を有する。毎週火曜20時のオンラインセミナーは満員御礼の大人気。大阪国際大学で講師登壇中

※株価、最低購入価格は5月29日終値。チャートは’14年12月1日〜’15年5月29日
― 爆騰秒読み「旬なテーマ株」を狙え! ―