第四条 (天皇の権能と権能行使の委任)

天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

(2) 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任すること
ができる。

(つづく)