漢方には、PMS(月経前症候群)・更年期など女性の体の悩みに効くと言われる「女性の三大処方」があります。これは「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」です。体質と症状によって使い分けかたをご紹介しましょう。

自分の体の状態は3つの「証」で知る

漢方では、体質と症状を「実証」「虚証」「中間証」の3つのタイプに分類しています。「実証」は体の中に何かが多すぎる状態。熱が高くなる、糖分の摂り過ぎで太る、胆汁の分泌が多くなり肝臓機能が低下する、などです。がっちりした体格の人がなりやすいタイプです。「虚証」は反対に何かが足りない状態で、意欲・体力の低下、鉄分の不足による貧血などがあてはまります。色白でやせ型、胃腸が弱い人が多いタイプ。「中間証」はこの2つのタイプが混じり合った症状が出ます。

「女性の三大処方」を押さえておこう!

桂枝茯苓丸

桂枝丸は血行を促進する薬で、実証から中間証タイプに向きます。桂皮(シナモン)には血行を良くして体を温め、痛みを止める作用が、茯苓には水分を取り除きむくみを取り、気持ちを和らげる働きがあります。いわゆる「末端冷え性」、生理不順、生理痛、頭痛、めまい、肩こり、子宮の炎症の改善や美肌 (しみ・にきび改善)のために用いられます。

当帰芍薬散

当帰芍薬散は、体が冷えて貧血・むくみがある人で虚証タイプに向いています。芍薬の根には血行をよくして、炎症や痛みをとる効能があると言われます。当帰にも血行をよくして貧血を改善し、体を温める働きが期待できます。生理不順、生理痛、更年期障害、産前産後の不調、めまい、頭痛、肩こり、耳鳴りなどの症状に使います。

加味逍遥散

中間証タイプに向いていて、プレ更年期やPMS(月経前症候群)に適用されます。血液の循環を良くして体を温めながら、上半身の熱をさまします。月経前のイライラやストレス、のぼせ、肩こり、頭痛、倦怠感、不眠などに用います。

漢方は、体だけでなく心も共にケアする緩やかな予防・治療法ですが、意外に即効性もあります。自分の体の状態を知って、漢方薬を選びましょう。


writer:松尾真佐代