Doctors Me(ドクターズミー)- 自宅でできる! ワンちゃんのトリミングのコツを徹底解説!

写真拡大

持病がある、高齢、近くにサロンがない、費用が高いなどの理由で、ワンちゃんをトリミングに連れて行けないという人は、自宅でトリミングにトライしてみましょう!

今回は、安全かつ簡単に挑戦できるトリミングのコツを、獣医師に解説してもらいました。

■ まずは必要な道具をそろえよう

道具は、先の丸いハサミ、漉きバサミ、バリカンなどを使います。トリミング専用のものが市販されていますが、普通のハサミでも新品ならカットできます。あくまでも新品を用意してくださいね!
また、カットした毛を片付けやすいように、新聞紙やビニルシートを敷いて行うといいですよ。

■ 初めての人は部分カットからトライ!

最初から全体をトリミングするのは難しいので(サマーカットは別ですが)、まずは部分カットから始めてみましょう。無駄毛と呼ばれる毛なら比較的、簡単にカットできます。皮膚を引っ張ったままカットすると傷付けることがあるので、十分に注意してくださいね。

1. 目のまわり
眼球に毛が入らないように、すっきりさせます。下顎の毛をつかんで頭部を固定し、ハサミの先を外に向けてカットします。

2. 足のまわり、裏
肉球の間をバリカンや小さめのハサミでカットし、足まわりもカットしてあげます。

3. 胸元の飾り毛
飼い主の好みで短くしてもOKです。

4. 耳
中に毛が生えているなら、指で引っ張って抜きましょう。嫌がるならやめておくか、ご褒美をあげながら抜いてください。

5. 肛門のまわり
肛門が見えるくらいに短くしましょう。肛門は敏感な部分なので、刃先が当たらないように気を付けます。

■ 獣医師からのアドバイス

ワンちゃんの全身のトリミングは、一度、トリマーにカットしてもらうと安心です。そして伸びてきたら、その形を維持するように自宅でカットしてあげましょう。

そして一から自分で行う場合は、シャンプーやカットの前にブラッシングをしてください。仕上がりが全然違いますよ。自宅でのトリミングは感染症の心配がないうえ、ストレスも軽減できます。また、スキンシップの一環として行えば、愛犬とのよい関係を築くきっかけにもなりますよね。