どこから見ても美しい360度デザインの炊飯ジャー(写真は、右が「JPB‐G1型」クールホワイト、左が「JPB‐H1型」アーバンブラック)

写真拡大

タイガー魔法瓶は、土鍋コーティングを施した可変W圧力タイプの圧力IH炊飯ジャー「JPB‐G1型」と「JPB‐H1型」を、2015年7月21日に発売する。

新たに「麦3割」がおいしい「麦めし」メニューを搭載。大麦の特性にあわせた独自の炊飯プログラムでニオイを抑制し、毎日続けられるおいしさを実現した。簡単に炊けるよう、無理なくはじめられる「麦1割」と、健康効果に優れた「麦3割」を選べる麦専用計量カップや麦めしメニュー専用の水目盛を内釜に設けた。

内釜と内ぶたには土鍋コーティングを施したほか、内釜には使いやすいように取っ手をつけた。もっちり、しっかり食感が好評の「可変W圧力炊き」は1.35気圧の圧力で炊飯、炊きあげ後に1.05気圧まで減圧して、大小2つの圧力ボールがごはんのねばりと弾力を引き出す。

「JPB‐G1型」には、くっきり見やすい「文字くっきり液晶」を採用した。

どこから見ても美しい、「360度デザイン」。色は「JPB‐G1型」がクールホワイト、アーバンオレンジ、ブルーブラック。「JPB‐H1型」がアーバンホワイトとアーバンブラック。

いずれも、オープン価格。