ザ・サードプラネット、民事再生を申請 負債約60億

写真拡大

アミューズメント施設の運営を手掛ける株式会社ザ・サードプラネット(静岡市駿河区)が、6月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けていたことが明らかとなった。負債は約60億。

【関連:イメージエポック負債約11億 破産手続き開始】

ザ・サードプラネット

帝国データバンクによると、同社は1983年に創業、2005年3月に法人改組され、前身は同商号の株式会社ザ・サードプラネット(現:長野興産株式会社)。「THE 3RD PLANET」の名義で直営店舗及びFC店舗の全国展開をすすめ、2007年3月期には年売上高約99億1200万円を計上していた。

なお、同社の公式Twitterからの発表によると、今回の申請は「精算ではなく再生を目指した申し立てで即時の店舗閉店などはございません。」と説明し、引き続き店舗運営の意欲を見せている。