もっと食べよう「近江米」!県民運動キックオフ「近江米」PR隊長任命式

写真拡大 (全2枚)

 滋賀県米消費拡大推進連絡協議会は、6月26日にショッピングセンター「ビバシティ彦根」で、もっと食べよう「近江米」!県民運動のキックオフイベントを開催し、同運動を広くPRする「近江米」PR隊長に、同県ゆかりのお笑い芸人・宮川大輔の任命式を行った。

 同運動は、同県と農業団体などが連携して、滋賀県で作られた米「近江米」の消費拡大に向け、今年度から進めている県民参加型の運動。宮川は小学校から高校までを同県で過ごしたことから、同県にゆかりがあり、テレビでは「食」の番組にも出演していることもあり、近江米のPRにぴったりとの理由でPR隊長就任を依頼したところ、快諾してくれたという。

 イベントでは、宮川はPR隊長の初仕事として、炊き立ての近江米と、ごはんに合う近江の食材の近江牛や琵琶湖のアユ、日野菜漬けを、近江の茶とともに堪能し、「うわぁー、ウマッ」を連発していたという。また、来場者に近江米のおにぎりを配布するなど、イベントを大々的に盛り上げた。