ソニーが目指す音空間:「聴こえない音」を聴かせるヘッドホンはいかにして生まれたのか

写真拡大

人間の耳で感知できる音の世界は、20Hz〜20kHzに収まるといわれている。しかしソニーがリリースしたヘッドホン「MDR-1A」の再生周波数帯域は100kHzと、可聴帯域をはるかに超えている。その開発の裏にあったのは、進化し続ける音楽の魅力を伝えることに威信をかけた、エンジニアたちの熱き想いだった。

「ソニーが目指す音空間:「聴こえない音」を聴かせるヘッドホンはいかにして生まれたのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

1980〜90年代に世の中に流通していた音楽は、ドラムセットの前にギターやベースがいて、その前にヴォーカルが君臨するという音づくりがなされていた。ソニーがつくるヘッドホンは長らくこの基本的音楽バランスを再現できるよう、ヴォーカルが最も存在感を発揮するエネルギーバランスを重視していた。

「音楽に寄り添ったプロダクト、というのがわれわれのヘッドホンづくりのポリシーだからです。しかし2000年くらいからは録音技術そのものが変わってきました。従来はアーティストが自ら紡いだ音をマイクで録音していましたが、現在は楽器とレコーディングシステムが一体化しています」

そう語るのは、ソニーで24年間ヘッドホンづくりに従事してきたエンジニアの角田直隆。彼らのチームが技術の進化とともに変わりゆく音楽に向き合うべく2012年につくったのが、再生周波数帯域4Hz〜80kHzを誇る「MDR-1R」だ。これは現在の音楽シーンのトレンドのひとつ、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の広い音域を十二分にカヴァーできるものであったが、角田は満足しなかった。

「MDR-1Rではほとんどの楽曲を、多くのユーザーの方々にとって満足のいくバランスで再生していましたが、ある特定の曲のベースの音質だけが、われわれが水準としていたスタジオの音とは違ったのです。そこでその曲でも再生できるようなヘッドホンをつくろうと思いMDR-1Rを見直したときに、まだまだやれることはあると感じました。すでに十分に評価されていた音質は、まだ高められるのではないかと」

そうしてMDR-1Rの発表から2年間の歳月をかけて開発されたのが、再生周波数帯域3Hz〜100kHzの「MDR-1A」。「音を正しく鳴らす」。このポリシーの下に生まれたヘッドホンである。

アーティストの世界観を、余すことなく描ききるヘッドホン

高音質、いわゆるハイレゾ対応のヘッドホンというと高域の再生品質が重視されがちだが、MDR-1Aは低域のクオリティも高い。さらに彼らが力を注いだMDR-1Aならではの特徴が、微細な音の要素の高い再現精度だ。「むしろ周波数帯域を広げることよりも重要視しました」と角田は言う。

「ライヴ会場などでは三次元的な音の広がり、すなわち空気感を体験することができます。超低域から100kHzという超高域ハイレゾ帯域までの再現を可能にするMDR-1Aは、微細な音の要素や急峻な音の立ち上がりを高い再現精度でカヴァーし、この空気感を再現することができるのです」

例えばシンバルの音をMDR-1Aで聴くと、その響きが伝播していく様子が眼前に浮かび、演奏によって変わる細かな音の変化まで楽しめるという。アーティストやレコーディングエンジニアといった音楽のつくり手がイメージした音の余韻までも、「彼らの意図通りに聴くことができる」というのが、角田の評価だ。機微ともいえる、わずかな音の揺らぎもとらえて放つヘッドホン。それがMDR-1Aなのである。


角田直隆|NAOTAKA TSUNODA
ソニー株式会社 ヘッドホン音響技術担当部長
1991年にソニーに入社して以来、ヘッドホンやイヤホンの開発設計を手がけてきたエンジニア。自身も大のロック好き。

TAG

EngineeringHeadphoneMusicSonySoundWIRED Promotion

MDR-1A(右)とMDR-1R(左)のダイヤフラム。

100kHzまでの再生を可能にしたのは、「ダイヤフラム」と呼ばれるヘッドホンの振動板の改良だ。角田のチームは、振動板材料として音響特性が最高だと考えられてきたLCP(液晶ポリマー)にアルミニウムをコーティングすることでさらに特性が向上し、より高域の音を再現できることを発見したという。

「コンピューターシミュレーション技術を使って、ダイヤフラムで音響特性がどのように変わるのか、シミュレーションを数百パターン以上行いました。そこからいくつかの試作品を作成し、試聴を重ねることで、このMDR-1Aが生まれたのです」

モデル名に記された「1」には「1つだけヘッドホンをもつならこのモデル」という意味が、「A」には「再出発」の意味が込められているそうだ。

音楽の進化をとらえ続けるソニーサウンド

質の高い低域から100kHzまでの高域の音、さらにこれまではとらえられなかった微細な音の要素の再生を日常のものとしてくれるMDR-1A。このヘッドホンは、どんな音楽シーンをつくり出していくのだろうか。

「曲のつくり方のトレンドは日々変わっていきます。例えばいまのエレクトロニカの音楽には、アコースティックな楽器音も織り交ぜた曲が出てきています。MDR-1Aのようなヘッドホンによって、そうした次々と生まれる新たな音楽の生音の気持ちよさが多くのアーティストとリスナーに伝わり、リッチな響きのよさが注目されるようになるのではないかと期待しています」

MDR-1Rというすでに完成された前モデルからの再出発を切ることで100kHzの到達点をクリアした角田だが、ヘッドホンづくりという旅に終わりはないと語る。

「音楽シーンは留まることなく進化していきます。例えば先ほど挙げたEDMの一種であるダブステップでは、ヴォーカルが入っている中域にはエネルギーがなく、ベースが曲の99パーセントを占めているんですよね。こんな音楽は、20年前には考えられませんでした。

また録音技術の進化も作曲やジャンルそのものの進化に繋がっていきます。そうした変化があるたびに、われわれはその時代ごとの音楽シーンの魅力を、フルに伝えることのできる新たな音響機器を開発していきたいと思っています。ヘッドホンづくりというのは、新しい音楽が登場するたびに、一からチャレンジができる仕事なのです」

熱気渦巻くライヴ、隅々まで音場が広がるコンサート、タイトでリズミカルなスタジオトーン。それぞれの楽曲のトーンに色をつけず、忠実に再現する。そんなヘッドホンづくりを目指す角田は、これからも進化し続ける音楽シーンに耳をすまし続ける。

[MDR-1A|SONY]

TAG

EngineeringHeadphoneMusicSonySoundWIRED Promotion