マイクロソフトの「HoloLens」が、宇宙にもたらすもの

写真拡大

宇宙での拡張現実(AR)利用に向けて、マイクロソフトが動き出した。同社はNASAと共同で、自社のARゴーグル「HoloLens」を国際宇宙ステーションのさまざまな活動場面で使用するためのプロジェクトに取り組んでいる。

「マイクロソフトの「HoloLens」が、宇宙にもたらすもの」の写真・リンク付きの記事はこちら

マイクロソフトは米航空宇宙局(NASA)と共同で、マイクロソフトの拡張現実(AR)ゴーグル「HoloLens」を国際宇宙ステーション(ISS)で利用するプロジェクト「Sidekick」に取り組んでいる。

関連記事HoloLens、何がすごいの?

SidekickではHoloLensを利用して、宇宙飛行士に地上管制が指示を出したり、宇宙飛行士が見ているものについて地上管制がリアルタイムでフィードバックを提供したりする。

NASAは現在、ISSで修理や実験を行う宇宙飛行士を補助する際には、文字と音声で指示をしている。しかし、HoloLensとSkypeを使う「リモート・エキスパート・モード」では、宇宙飛行士が目にしているものを地上の専門家が見て、リアルタイムで指示を出す。また複雑なタスクに協力するため、地上で描いた説明を飛行士の周囲に表示させることもできる。

Sidekickの「プロシージャ・モード(Procedure Mode)」では、画面の対象物の上に、動きのあるホログラム的な情報を表示する。このシステムは、ISS上での訓練に使われるようだ。火星などへの有人ミッションのための「極めて貴重なリソース」になるとNASAは主張している。

HoloLensはすでに、NASAの無重力訓練ジェット機「Weightless Wonder C9」上でのテストで、微少重力下でも正確に機能することが確認されている(以下の動画)。

また、HoloLensは、7月21日から始まる2週間の海中実験でも使われる予定だ。この実験は、将来の宇宙探査ミッションで遭遇するであろう条件を再現できるように設計された海中基地で行われるもので、この基地に滞在する宇宙飛行士たちがHoloLensをテストすることになる。

6月28日(米国時間)には、2組のHoloLensが国際宇宙ステーション(ISS)へと届けられる予定だったが、スペースX社のロケットが爆発した(日本語版記事)ために失敗。NASAの計画では、年末までには宇宙飛行士たちが本格的にSidekickを利用するようになるという。

関連記事HoloLensは、新たなMSを象徴するデヴァイスだ

マイクロソフトとNASAによるSidekickの取り組みは、宇宙におけるAR利用の可能性を調査するという、より大きなプロジェクトの一環だ。「OnSight」という別のプロジェクトでは、HoloLensなどの技術を使って、地球にいる科学者がヴァーチャルに火星で研究できるようにするソフトウェアが開発されている。

2014年12月には、現在は第一線から引いている第1世代の「Google Glass」がISSに送り込まれたという報道があったが、その実験結果はまだ明らかにされていない。

TAG

ARHoloLensISSMicrosoftSpaceVideoWIRED UK