これまで高血圧の薬を飲んでいた人も、異常なしの範囲に入ってしまう

写真拡大

昨年、人間ドック学会などが発表した高血圧の「新基準」が大騒動を巻き起こした。『ダイヤモンドQ』編集部では、その理由や背景を解説する。

どこまでが正常?
基準値めぐり一騒動

 どこまでが正常で、どこから高血圧? 昨年4月、高血圧の基準値をめぐり一騒動が持ち上がった。

 きっかけは、人間ドック学会と健康保険組合連合会が合同でつくる「検査基準値及び有用性に関する調査研究小委員会」が発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」という報告書。

 血圧やコレステロールなど、おなじみの基準値を大幅に緩めたものだから、さぁ大変。分かりやすい血圧を例にすると、違いは歴然で、これまでおとなしく血圧を下げる薬を飲んでいた人も、異常なしの範囲に入る(表参照)。「いままでは何?」という気持ちにもなる。

 しかし、「新基準」が公表されたわずか10日後の4月14日には、日本高血圧学会(JSH)が「高血圧の判定基準は140/90mmHg以上で変更ありません」との見解を発表。5月21日には日本医師会と日本医学会が共同見解を出している。

 特に後者は手厳しく、小委員会の報告を「拙速」「エビデンス(科学的根拠)が高いとは言えない」と批判。「医療費適正化自体を目的とした基準範囲の設定であれば、本末転倒と言わざるを得ない」と断じた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)