Doctors Me(ドクターズミー)- 次来るオイルはパンプキンシード?!海外で人気のワケとは…

写真拡大

しばらく前まではサラダ油、ごま油、といったものしか一般的には見られなかった食用オイルですが、最近は種類が増え、家庭でも用途別に使い分ける人が多くなってきました。
中でも、フラックスシードオイルやグレープシードオイル、ピーナッツオイル、ココナッツオイルが人気を集めていますよね。とりわけココナッツオイルは、日本でも流行のオイルです。そんな大ブームのココナッツオイルをしのぐ、新生オイルが今海外で話題のよう。それが「パンプキンシードオイル」。一体、どんな特徴があるのでしょうか。その人気のヒミツに迫ります!

■ 東欧では伝統的なオイル

パンプキンシードオイルは、かぼちゃの種をゆっくり焼いて絞ったオイルです。東欧の国、スロベニアでは、ペポカボチャというかぼちゃの種を絞ったこのオイルが伝統的に使われてきました。

■ 目からウロコの4つの魅力

1. 抗酸化作用を持つといわれるビタミンEが豊富
2. 不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸の供給源としても優秀
3. 不足すると味覚障害を起こす微量元素である亜鉛や、マグネシウムも含有
4. むくみを取ってくれる効果も期待あり。
その栄養価・効能が注目を集め、現在では日本を含め、海外でも健康に気を遣う方に人気が出てきているようですね。

■ パンプキンシードの効果的な活用法

そのナッティな風味を生かして、さまざまな料理に応用できます。特に有名なのが、バニラアイスクリームにかけて食べる方法です。アイスに油?とびっくりするような組み合わせですが、アイスの表面で少し固まってシロップのような感じになり、とてもおいしいようです。考えてみれば、カボチャアイスも人気がありますから、パンプキンの風味とアイスは相性がいいのかもしれません。 もちろん、パスタやサラダ、クラッカーにつけて食べるのもおすすめです。

■ 医師からのアドバイス

おいしくてヘルシーなパンプキンシードオイル、見かけた際には一本買って、料理やデザートで試してみて。いつもの食事がぐっと豊かになるはずです。