Doctors Me(ドクターズミー)- 産後の2人に1人が悩んでる?【抜け毛・薄毛】の正しいケア

写真拡大

女性にとって人生の一大イベントともいえる出産ですが、待望の赤ちゃんとの生活がスタートすると同時に、女性ホルモンの急激な変化に加えて子育てによる疲労から、精神的にも体の面でもさまざまな変化や不調を感じやすくなります。

特に抜け毛や薄毛などは、この時期に抱えやすい悩みのひとつ。これらも、ホルモンバランスの影響を受けているとか。今回は、そんな抜け毛や薄毛について医師に伺いました。

■ 出産後の薄毛・抜け毛のメカニズム

妊娠中にはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンが、平常時に比べて大量に分泌され、それが出産後ガクンと減ることにより抜け毛や薄毛が引き起こされると考えられています。それぞれの髪に与える影響は以下の通り。

<エストロゲン>
・頭皮のコラーゲン量を増やして髪を美しく丈夫にする。
・髪の幹細胞を刺激して髪の成長を促進する。
<プロゲステロン>
・成長期に入った髪のライフサイクルを延ばす作用がある。

出産後は、この2つのホルモンが体の中から急激に失われことにより、髪が抜けやすくなるわけです。

■ 抜け毛を促進する原因はコレだ

多くの場合、ストレスや栄養不足などによるホルモンバランスの乱れによることが多いようです。特に、次がその原因になりやすいといいます。

・育児による睡眠不足などからくるストレス
・産後の極端なダイエットによる、栄養不足

■ 解決策は、大らかな気持ちでいること

産後の薄毛、抜け毛問題を解決する上でもっとも大切なのが、気にしすぎないこと。抜け毛や薄毛を気にすることそのものがストレスになり、さらに髪の毛が抜けてしまうという悪循環に陥らないようにしましょう。赤ちゃんを産んだ後は、ホルモンバランスの影響で一時的に髪の毛が抜けやすくなりますが、それは自然なこと。ホルモンバランスが元に戻れば、改善していくものなので、大らかにとらえるようにすることが大切です。

■ 医師からのアドバイス

生まれたての赤ちゃんがいると食事を規則正しくとることはなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ1日3食、しっかり食べるようにすることも有効です。また細切れになったとしても、しっかりと睡眠時間を確保することも忘れずに。