スコットランド親善大使に任命された池田勇太、プレゼントされたタータンチェックのジャケットもよく似合う(撮影:ALBA)

写真拡大

 今季「全英オープン」に出場する池田勇太が日本人初となるスコットランド親善大使に就任。29日(月)、都内にて任命式が行われた。
国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 式には池田の他に、スコットランド政府のフィオナ・ヒスロップ大臣、一般社団法人日本ゴルフツアー機構代表海老沢勝二、スコットランド国際開発庁日本駐在代表スティーブン・ベーカー氏らが出席した。
 ヒスロップ大臣は、任命した理由について「彼は日本のチャンピオンですから(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑うと、姿勢を正して「彼はゴルフを初めとした伝統について雄弁に語ることができます。またそういった歴史を学んでいるだけでなく。過去の出来事を若い方へインスピレーションを与えられる存在であることから今回任命しました」とコメント。
 池田は「親善大使になるのは正直戸惑いもあるりますが、『全英オープン』をきっかけに何かできればと思っております。任命状とタータンチェックのジャケットを渡されて自覚がでてきました。本当に名誉なことと感じています」と話した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>