写真左より、ぽこた、リノ

写真拡大

ニコニコ動画の人気歌い手・ぽこたとキーボードのリノによるユニット「エガマイヤー」が、ついに再始動する。2008年の結成から精力的に活動を続けていたふたりだが、2011年頃を境に長らく活動休止状態に。ぽこたは「ROOT FIVE」の一員として全国を飛び回り、リノは他アーティストへの楽曲提供を行うなど、それぞれの活動で忙しい日々を過ごしていた。

【写真】祝・再始動! “ぽこた&リノ”撮りおろし写真をすべて見る

そんなふたりが「エガマイヤー」として再始動を決めた理由は何だったのか。そして、新生エガマイヤーはファンに何を見せてくれるのか。ふたりに話を伺った。

ニコ生もない時代、ふたりの運命的な出会い

――ついにエガマイヤー再始動ですね! 2年半前に単発ライブはありましたが、活動が休止状態になってから約4年くらいでしょうか。新しいファンの中にはエガマイヤーを知らない方もいると思うので、まずは結成当時を振り返ってお話を聞かせてください。おふたりの出会いは?

ぽこた:2008年くらいだったかな。僕がニコ動に投稿していた「歌ってみた」動画を見て、リノがmixiで連絡してきたのが最初だったんですよ。

リノ:もともと私の友だちがGacktさんのファンで、「声が似ている人がいる!」って教えてくれたのが、ぽこたを知ったきっかけだったんです。その友だちとは一緒に音楽活動をしていたのですが、彼女がある事情で歌えなくなってしまって、新しく私の曲を歌ってくれる人を探すことにしたんです。それで、ぽこたの連絡先がmixiになっていたので、連絡してみました。

――ぽこたさんはリノさんのことは知っていた?

ぽこた:いや、彼女はまだニコ動にも曲を上げていなかったので、知らなかったですね。まだニコ生もないような時代で自分もぜんぜん露出していなかったし、ネットを介して誰かと会うのも初めてのことだったので、ちょっと怖い部分もあったんですけど、とにかく一回歌を聞かせてほしいって言われて。リノは行動力があったんですよ。

リノ:私は誰かと一緒に音楽をやりたかったんです。自分はフロントマンじゃないから、誰かがいないとダメだなと思っていて。家で曲を作ることしかやっていなかったので、それまでは漠然とゲーム音楽を作る人になりたいな、とか思っていました。

――お互いの第一印象はどうでした?

リノ:ものすごく面白い人でしたね。カラオケに行ったんですけど、お腹が痛くなるくらい笑わされて、この人だ!って思いました。

――リノさんが求めていたボーカルの条件にぴったりだった?

リノ:そうですね。歌がうまくて、カリスマ性があって、トークが面白くてルックスがいい人いないかなって。

ぽこた:そんな人いるか!(笑)

――(笑)。ぽこたさんがぴったりだった、と。

リノ:歌もすごかったし、面白くてずっと笑っていました。

ぽこた:でもカラオケで僕は一回も歌ってなくて、リノがずっと歌ってましたよ(笑)。

リノ:ちょっとテンションが上がってしまって(笑)。

ライブやイベントが中心になる音楽業界の流れに
淘汰されたくない

――一緒に活動してみて、刺激を受けることはありましたか?

ぽこた:彼女は音大を出ているので、専門的な知識があるんですよ。そういうことについて正しいことがわかるのは大きいですね。僕は専門知識についてはよくわからないし、どちらかというとクリエイターやアーティストじゃなくて、営業マンなんですよ。拡声器みたいな感じです。せっかく作ったものがあっても、広めないと理解されないですから。

――エガマイヤーの魅力と、リノさんのすごさを“拡声器”で広める役割だと。

ぽこた:ま、言うほどすごいわけじゃないけど!

リノ:ちょっと!(笑)

――(笑)。リノさんはぽこたさんと一緒に音楽活動をして、いかがでしたか?

リノ:楽曲制作を一緒にやっている感じがありましたね。趣味に走りそうなときに「こっちのメロディーにした方がいいよ」とか助言をくれて、そうするとたいてい「おおっ!」って思えるものが出来上がるんです。それに、ぽこたを通じていろいろな出会いがあったのもよかったですね。動画を作ってくれる人や公式サイトを作ってくれる人と出会うことができました。

――そこから3年ほど活動した後、エガマイヤーはしばらく沈黙に入ります。

ぽこた:理由のひとつとして大きかったのは震災ですね。それまで走り続けてきたことが、あそこで一回パタッとストップした。それにニコ動も過渡期で、他にもやることがたくさんありましたから。そのあたりでリノも結婚したりして、お互いに環境が変化していた時期でした。

――約4年を経て再始動したわけですが、きっかけは何だったのでしょう。

ぽこた:僕が声をかけました。エガマイヤーはもっと前からずっとやりたいと思っていたんですが、純粋に忙しくて、なかなかきっかけがなかったんです。でも、やってほしいっていうファンの声はすごく多かったんですよ。

リノ:私にとっては、ありがたや〜って感じですね(笑)。もちろん、ずっとやりたかったし、ひとりだとやる気が起きないんです。エガマイヤーの曲も作ったりしていたのですが、どうしても力が湧いてこない。だからって私の方からぽこたに連絡するとかはなかったんですけど。

ぽこた:リノは根っからのクリエイタータイプで、そういうことが苦手なんですよ。つまり、僕がやるか、やらないかなんです。

――多忙な中、エガマイヤーの再始動を決めた理由は?

ぽこた:もともと今年一年はものづくりの期間にしようと思っていました。これまでいろんなイベントで全国を周りましたが、忙しくて動画投稿もしていなかったんです。曲作りについても、「ROOT FIVE」の場合はkoma'nが作るし、自分のソロも他の人が書いた曲になることが多い。

今年はそうじゃなく、ちゃんと自分で完パケまでいこうと。そのためにはボカロの歌も投稿するし、ソロもやる。もちろん、エガマイヤーもやる。それくらいやらないと、ファンに対して返しきれてないなと思ったんですね。

――一度、原点に戻ってみるということですね。

ぽこた:そうですね。ニコ動に動画を投稿していた最初の頃は、歌を作ったり、それを聴いてもらったりするのが楽しかったわけです。それがだんだんと変わってきて、音楽業界全体がそうですけど、どうしてもライブやイベントが中心になっていく。それで淘汰されたくないという気持ちもあります。エガマイヤーはふたりでやっているユニットなので、自分たちの意思で自由が利きますし、もう一度、曲を作って皆に聴いてもらって、それからライブで盛り上がるという原点を見つめなおそうと考えています。

エガマイヤーの曲は、できたときから“懐メロ”でありたい

――すでに音源制作に入られていると思いますが、4年も経つと音楽性などで成長した部分もあるかと思います。

ぽこた:たしかに、久しぶりにふたりでポンっと音を出したときに、以前と違った感覚があったんです。ああ、変わったんだなって思いましたね。それはいいことでもあるんだけど、ふたりでやるものについては……ね、リノ?

リノ:今、ノープランで喋ってたでしょ(笑)。そうですね、私は昔から平成ガンダムのOP曲みたいなデジタル・ロックが好きで、そういう曲を書いていたんですが、ぽこたと離れていた間に違うジャンルの曲も書くようになりましたね。

だけど、エガマイヤーではエガマイヤーらしい、万人受けするものではなくて、好きな人は好きって感じの曲がいいなと思っています。ライブで楽しい曲とか、「待ってました!」って思ってもらえる曲とかを、次のアルバムに入れられたらと思います。

ぽこた:彼女はピアノなんですよ。で、旦那がギタリスト。ギターと結婚したんだよね?(笑)

リノ:いやいやいや(笑)。でもたしかにギターは大好き。弾けないんですけどね。最近は曲作りのときに弾いてもらうことも多いので、以前とはギターの取り入れ方が変わったと思いますね。

ぽこた:そこは成長した面なんだけど、結果としてエガマイヤーっぽさからは離れた部分もあるよね。僕も昔みたいなビジュアル系みたいな歌い方から、かなりポップな歌い方に変わっています。それを、エガマイヤーでは、あえて一旦昔っぽい歌い方に戻したいですね。もちろん、どうしても違う部分はあると思いますよ。だけど、それはポジティブな変化なんです。最終的にはファンに「これこれ!」って思ってもらいたいですね。

――9月のライブではどんなステージを見せたいですか?

ぽこた:やはり昔の空気感ですね。昔と今では「一生懸命やる」ことの意味が違ってきているんです。かつては、がむしゃらにやっていたけど、今はどこかスタイリッシュさも求められる。それを一度、昔に寄せてがむしゃらにやりたいですね。

リノ:もともと、ぽこたはお客さんをすごく煽るんですよ。"豆まき"って言われるんですけど(笑)。それが、以前に単発でエガマイヤーのライブをやらせてもらったときに、もう豆をまいていなかったんです!

ぽこた:そうだっけ(笑)。当時は自分で曲も選んでいたけど、「ROOT FIVE」になると、自分の得意分野じゃない曲も歌うことがあるんですよ。自分が得意なものと、5人でやるものとはかなり違っていて、そうなるとどうしても、歌うこと自体に一生懸命になってしまうってこともあります。エガマイヤーのライブでは、そうじゃない以前の空気感を見せたいですね。

――それでは最後にファンへのメッセージと、これからエガマイヤーを聴く方に向けたアピールをお願いします。

ぽこた:聴いてほしいのは、ずばり、リノの旦那のギターです!

リノ:ちょっとちょっと!(笑)

ぽこた:うーん、まじめに言うと、最近はニコ動もそうなんですが、とにかく速かったり口数が多かったり突拍子もない曲だったりが流行ってますよね。それはそれでいいんだけど、それだけじゃなく、音楽としていいものは何なのかを、エガマイヤーの曲を聴いて考えてほしいという気持ちがあります。

リノ:私が思っているのは、“できたときから懐メロでいたい”ということなんです。懐メロって、アレンジや音は古いかもしれないけど、メロディーは流行りにとらわれていなくて、何年たっても口ずさんでしまいますよね。ずっと好きでいられる、そういう曲を作っていきたいです。

『2年半ぶりのエガマイヤー〜持ち曲を全曲一公演でやると思うなよ〜』
7月4日(土)〜7月12日(日)まで、チケットぴあにて先行予約実施中!

受付期間 7月4日(土)AM10:00〜7月12日(日)23:59
当落発表&入金期間 7月15日(水)AM10:00〜7月20日(月)23:59
《一般発売》
7月25日(土)AM10:00〜9月4日(金)23:59

各公演毎チケット
料金:3500円(全席自由・オールスタンディング)

《特典付》3公演通しチケット (※完全非売品グッズ付 ※50セット限定)
料金:12000円

会場/吉祥寺CLUB SEATA

9月5日(土)
「久しぶりすぎて勝手がつかめない」の巻
開場/14:00 開演/14:30

「耐えてくれ!ぽこたの喉」の巻
開場/18:00 開演/18:30

9月6日(日)
「リノさん、生活費に困る」の巻(物販握手会)
開場/13:00-15:00

「一体何曲覚えたんだろう?」の巻
開場/16:30 開演/17:00