顔を認識してスマートフォンに通知や映像を配信するネットワークカメラ『Welcome』を仏Netatmo社が発売

写真拡大


仏Netatmo社は6月25日に、顔を認識してスマートフォンに通知や映像を配信するネットワークカメラ『Welcome』を発表、6月26日に発売しました。価格は2万9800円(税込み)です。


『Welcome』は家庭の玄関などに設置、Wi-Fiネットワークに接続して利用するネットワークカメラ。顔認識機能を持つのが特徴で、プロフィールを登録した家族などがカメラの前を通過すると、自宅の外にいるユーザーのスマートフォンに誰が通過したか通知して在宅状況を確認できるほか、録画した映像やライブ映像をスマートフォン上で確認することができます。


映像は顔や動きを認識した際に本体のmicroSDカードに保存。iOS/Android向け専用アプリやパソコンのブラウザから再生することができます。microSDカード内の映像はカメラに挿入しなければ再生できない仕様。第三者が撮影した映像を見るには、カメラ本体、microSDカード、専用アプリのIDとパスワードが必要なため、セキュリティは確保されているとのこと。


監視されるのは嫌だ、という家族には、人物ごとに通知や録画のON/OFFを設定可能。



カメラは130°の視野角を持ち、赤外線LEDにより暗い場所での撮影にも対応。


9月には別売りのドア・タグを発売予定。カメラ本体から最大100mまで離れたドアや窓に設置でき、タグの振動を感知して何者かが侵入したことを通知することができます。

Netatmo
https://www.netatmo.com/ja-JP/site