疲れがなかなか抜けないという時は“アミノ酸”が不足しているのかもしれません。アミノ酸は体を作るたんぱく質のもとになっている栄養素。体を動かすことによって、アミノ酸はどんどん消費されてしまうのです。体の疲れだけじゃなく、精神的な疲れもアミノ酸でケアできちゃいます。

人間の体の20%はアミノ酸でできている!

人間の体の20%はタンパク質ですが、たんぱく質はいくつものアミノ酸がつながったもの。健康な体を維持するために、アミノ酸は必要不可欠な栄養素なのです。体内で働くアミノ酸は20種類。そのうち11種類は体内で生成することができる非必須アミノ酸ですが、9種類は体内で生成できない必須アミノ酸です。どちらも体にとって必要ですが、必須アミノ酸は、食べ物やサプリメントから摂取する必要があります。

心が疲れた時にもアミノ酸を摂ってみて

食べ物から摂取したたんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて、体で必要なたんぱく質に再合成されます。たんぱく質は体の20%を占めているので、肉体的な疲労を感じた時には、良質のたんぱく質を多めに摂ることで疲労回復効果があります。20種類のアミノ酸にはそれぞれの働きがあるので、バランス良くいろいろな種類のアミノ酸を摂取する方が効果的なのです。アミノ酸の中でも脳を活性化するのは“トリプトファン”です。トリプトファンは神経伝達物質のセロトニンのもととなり、心を安定させる働きを担っているのです。

食事から摂るアミノ酸の効果的な食べ方は?

必須アミノ酸が多く含まれている食品は、動物性たんぱく質の他に卵や乳製品、大豆などです。これらの食品を多めに食べるのはもちろんですが、米や小麦粉、魚介類にもアミノ酸は含まれているので、より多くの種類のアミノ酸をバランスよく摂るには、いろいろなものを食べた方がいいのです。例えば、朝食はトーストだけで済まさないで、ゆで卵や鳥のササミをトッピングしたサラダなどを食べましょう。肉を食べるときは、脂肪の少ない赤みの方がたんぱく質を多く摂れます。また、肉だけを食べるのではなく、小麦粉をまぶして焼いたり、豆腐などの大豆製品を一緒に食べると、より多くのアミノ酸を摂取できます。


writer:岩田かほり