落ち込む自分を追いつめていませんか?「食」が思わぬ助けになることも…

写真拡大

 落ち込むことってありますよね。無意識のうちに漏らしていた自分のため息にびっくりした、なんてこともあるかもしれません。でも、以前より落ち込みやすくなっていると感じたり、それによって仕事や生活に支障が出るようなら、食生活を振り返ってみる時と言っていいでしょう。

「朝ごはんは食べていない」「自宅で食べるのは週末くらい。週末も家族と外食することが多い」「自宅の冷蔵庫の中は飲み物だけ」…そんな人は要注意です。

落ち込み防止には「パントテン酸」
加工食品からは摂取しづらい?

 ちょっとしたことで落ち込みやすい、そんな神経過敏な状態のときは、神経伝達物質が正常に分泌されていないことも考えられます。こんなときに有効なのは、ビタミンB群の一種、パントテン酸。神経伝達物質や抗ストレス作用をもつ副腎皮質ホルモンの合成に関与しています。

 パントテン酸は、動物性食品であれば卵(卵黄)、牛・豚・鶏のレバーや鶏の胸肉、ししゃも、たらこに多く含まれますし、植物性食品なら納豆やアボカド、きのこ類といったものに多く含まれるので、決して摂りにくいものではありません。しかも、パントテン酸の語源はギリシャ語で「いたるところにある酸」を意味していたように、本来は多くの食品に含まれるものなので、普通に食事をしていれば不足はしません。ただ、水に溶けやすく、熱で分解されやすいという性質があるため、同じ料理名、同じ原材料であったとしても、レトルトや缶詰、冷凍食品のような加工度が高いものからは期待するほどには摂取できません。

 では、たとえば、こんな感じの食事だったらどうでしょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)