Q:お酒を飲む機会が多いのですが、よく二日酔いになります。会社の同僚が、二日酔いの予防には漢方薬の黄連解毒湯がよいと言うので飲んでみましたが、効かなかったようでした。どうしてでしょうか。また、他によい漢方薬がありましたら教えてください。(38歳・金融機関勤務)

 A:二日酔いは、漢方の見方に立つと、症状によって二つのタイプに分けられます。
 一つは下痢をするタイプです。これは体質的に胃腸が弱い人によく見られます。もう一つは、胃がムカムカし、喉が渇いて冷たい物を欲しがるし、頭痛がするタイプです。これらは、熱の症状です。
 お酒を飲むと体が熱くなることからわかるでしょうが、アルコールは熱を産生します。お酒をたくさん飲むと、口内炎を起こしたり、ニキビがひどくなる人がいますが、これらも熱の症状なのです。
 前者は前述したように胃腸が弱く、どちらかというとあまり頑健ではない男性によく見られます。一方、後者は元気旺盛な男性によく見られます。
 後者のタイプの人が長年、たくさんの量のお酒を飲み続けると、酒 になる場合があります。酒 は漢方の用語で、酒焼けとも言われます。これは漢方的には、熱と 血の症状です。
 まずは、自分がどちらのタイプであるかを見分けましょう。タイプによって、適している漢方薬は異なります。

●五苓散が適している
 下痢タイプに用いる漢方薬が『五苓散』で、一方、熱症タイプに適している漢方薬が『黄連解毒湯』です。
 二つのタイプを合併している人もいますが、その場合は『柴苓湯』がお薦めです。また、五苓散と黄連解毒湯を配合したドリンク剤もあります。
 これらの漢方薬は、お酒を飲む前に服用するのがいちばんよいですが、飲んだ後に服用しても効果があります。
 ご質問の方は、胃腸が弱く、お酒を飲むと下痢するタイプなのに、熱タイプに適した黄連解毒湯を服用したから、二日酔い防止の効果が得られなかったのでしょう。
 漢方は証(体質や症状)が合うとよく効きますが、合わないと効きません。次は五苓散を服用してみてください。また、柴苓湯や、五苓散と黄連解毒湯配合のドリンク剤を試してみてもよいでしょう。
 お酒は仕事の関係で飲まなければならないこともあるでしょうが、健康のためには飲み過ぎないようにしたいもの。休肝日を設けるのも一法です。

三浦於菟氏(吉祥寺東方医院院長)
東邦大学医学部卒。国立東静病院内科勤務を経て、中国・南京中医学院、台湾・中国医薬学院に留学。東邦大学医学部東洋医学科教授を経て、同大学客員教授。著書『東洋医学を知っていますか』など多数。