【月刊・白鵬】第51回:千代の富士
夏場所(5月場所)が終わったあとも休む暇なく、
さまざまな行事やイベントをこなしてきた横綱。
なかでも、九重親方(元横綱・千代の富士)の、
還暦土俵入りには感銘を受けたという。

 先の夏場所(5月場所)では、久しぶりに初日に黒星を喫してしまいました。逆に中日となる8日目には、久しぶりの不戦勝で、戦わずして白星をいただくという、ラッキーな出来事もありました。長い間、休むことなく土俵を務めていると、こんなこともあるんですね。その日は、土俵の神様が与えてくださった休養だと思って、後半戦への決意を新たにしました。

 そして迎えた11日目、春場所(3月場所)で1横綱2大関を倒して13勝を挙げ、殊勲賞と敢闘賞を受賞した関脇・照ノ富士と対戦しました。この夏場所では大関取りも視野に入っていて、さらに勢いを増していましたが、照ノ富士が春場所に下した「1横綱」というのは私のこと。それだけに、ここでは負けられないと思っていました。

 しかも、この場所では私も2度目の7連覇がかかっていました。幸い2日目以降は順調に白星を重ねていましたから、その目標達成のためにも負けられない一戦でした。

 そんな私の気持ちが上回ったのか、この勝負は私が勝利しました。春場所のように手間取ることもなく、タイミングよく上手出し投げが決まりました。

 この結果、照ノ富士は3敗目。その後も、大関(稀勢の里)戦を残していましたから、照ノ富士の大関昇進はかなり難しくなったと思われました。実際、照ノ富士自身、あきらめムードだったようです。

 ところが、翌12日目に私が豪栄道に土俵際で逆転負け。2敗目となって、優勝争いは再び混沌(こんとん)としてきました。さらに14日目、私が稀勢の里に敗れて3敗目を喫すると、3敗を守ってきた照ノ富士とトップで並び、横綱・日馬富士をはじめ、稀勢の里、平幕の高安、勢、魁聖、嘉風と、4敗の力士にまで優勝のチャンスが拡大。勝負の行方は千秋楽へと持ち込まれました。

 千秋楽では、4敗の平幕勢が次々に敗戦する中、照ノ富士は碧山戦をきっちりとモノにして、3敗を堅持。これで、結びの一番で私が日馬富士に勝てば、優勝決定戦となる状況でしたが、伊勢ヶ濱部屋の結束の固さは、予想以上でしたね。

 結びの一番、照ノ富士が所属する伊勢ヶ濱部屋の兄弟子である日馬富士は、とにかく渾身の力をしぼって私に挑んできました。「弟弟子の初優勝のために」という日馬富士の気迫が強く感じられました。結局、その勢いに押されてしまった私は、日馬富士に寄り倒しで負け。その瞬間、照ノ富士の初優勝が決まりました。

 場所後には、照ノ富士の大関昇進も決定。ワンチャンスをモノにできるあたりは、照ノ富士の"大物ぶり"を物語るものかもしれません。

 私の2度目の7連覇は夢と散りましたが、照ノ富士という若い力が本格化し台頭してきたことは、相撲界のことを考えれば、喜ばしいことだと思っています。受けて立つ横綱としては、またいい刺激になりますし、さらに鍛錬を重ねていきたいと思います。

 さて、大相撲の本場所が開催されるのは、年6回。その合間には、地方巡業(※)が行なわれ、私たち力士の一年も、何かと慌しいものです。
※おおよそ、春(4月)、夏(8月)、秋(10月)、冬(12月)に行なわれる。

 そんな中にあっても、夏場所(5月場所)が終わったあとの6月は、基本的に巡業はなく、落ち着いて部屋での稽古に打ち込める時期となります。しかし今年の6月は、さまざまな行事やイベントなどが盛りだくさんあって、私はなかなかゆっくりすることはできませんでしたね。

 九重親方(元横綱・千代の富士)の還暦土俵入りに参加させてもらったり、ファンの皆さんと一緒に屋形船に乗ったり、「白鵬米」の田植えのために、北海道に行ったりもしました。6月17日からは滋賀県で宮城野部屋の合宿もこなして、20日には北陸新幹線「かがやき」の開通を記念しての、石川県小松市で行なわれた巡業にも参加しました。全国を飛び回ってバタバタとしていましたが、いろいろな体験、経験ができたのはよかったです。

 その中でも、とりわけ印象深かったのは、九重親方の還暦の土俵入りです。

 九重親方、すなわち千代の富士関と言えば、昭和の終盤から平成にかけて、頂点に君臨してきた大横綱です。残念ながら、私は生でその姿を拝見したことはないのですが、映像を通して、また対戦経験のある親方衆から、その強さ、素晴らしさは伝え聞いています。「ウルフ」というニックネームがぴったりの横綱だったと思います。

 その千代の富士関が、6月1日に60歳を迎えました。それを祝して、夏場所後の両国国技館で還暦の土俵入りが行なわれました。

 還暦のお祝いとして、特別に打った赤い綱を締めて土俵入りを披露するわけですが、横綱経験者にとっては、ひとつの目標とする行事でもあります。医療の発達が目覚しい現在と違って、横綱という重責を担った者が還暦まで存命でいられることは、かつては難しかったという背景があるからです。

 ともあれ、今回驚きだったのは、千代の富士関の体が、還暦を迎える方とは思えないくらい、素晴らしかったことです。現役時代から筋肉質な体つきでしたが、当時と変わらぬ立派なもので、24年ぶりという土俵入りでも、ビシッと決まって、貫禄にあふれていました。今回の土俵入りに向けて、体を鍛え直してきたそうですが、それにしても見事なものでした。

 露払いに日馬富士、太刀持ちに私を従えた千代の富士関。その姿を見て、集まったお客さんからは、「千代の富士〜、日本一!」とあちらこちらからかけ声が飛んできました。そうした光景を見ながら、私の中でも感慨深いものが込み上げてきました。

 おそらく、太刀持ちを経験することは、これが最初で最後になるかもしれませんが、この経験はしっかりと記憶に刻んでおきたいと思います。本当に貴重な体験ができた還暦土俵入りでした。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki