ニンジンで「手作りリコーダー」ができちゃう!?【ハウツー動画】

写真拡大

小学校の時、誰もが一度は使ったことのあるリコーダーですが、なんとニンジンで作ることができるらしいのです。
家庭でできるライフハック(?)を、動画で分かりやすく紹介している「DaveHax」で取り上げられ、YouTube上で話題になったその作り方とは?ここから早速、紹介していきます。

carrot-recorder-1

“ニンジン”で作る
リコーダー

まずはニンジンを用意しましょう。大きさは長さ約20cm、直径3.5cmほどあるものがベスト。carrot-recorder-2そしてニンジンのヘタと反対の部分を、先端から約5cmほど切り落とします。carrot-recorder-3次に中身をくり抜きます。直径19mmほどのドリルを用意して、先ほど切り落とした先端部分から、徐々に穴を開けていきます。carrot-recorder-4くり抜いた後は、中をキレイに水で洗いましょう。ケガにはくれぐれも注意してください。carrot-recorder-6先ほど切り落としたした部分から2〜3cmほどの場所に、約1cmの切り込みを入れます。carrot-recorder-7切り込みに向けて、以下の写真のように斜めに切ります。carrot-recorder-8このような形になるまで、切ります。carrot-recorder-9次に“唄口”と呼ばれる、口をつけて吹くマウスピースの下に置く栓を作ります。最初に切り落としたニンジンの先端部分を用意して、その端を切ります。carrot-recorder-10マウスピースの中に差し込むことができるよう、栓用のニンジンの周囲を少しずつ切っていきます。きちんと中に収まりますね。carrot-recorder-12栓用のニンジンの側面を、平らになるよう切ります。写真のように隙間が開くはずです。carrot-recorder-11これで音を鳴らすことができます。carrot-recorder-13唄口の部分の裏側を切ることで、より快適に吹くことができるようになるとか。carrot-recorder-14↓このようになります。carrot-recorder-15最後に直径5mmほどのドリルを使い、音を出すための孔を作ります。carrot-recorder-16一つ目の孔は、斜めにカットした部分から約4cmのところに穴を開けます。次の孔はその下から約2.5cmのところに開けましょう。carrot-recorder-17これで完成です!carrot-recorder-18栓の場所を少し変えて、音程を調整することもできます。仕組みさえ分かれば孔を増やすなどして、もう少し複雑なリコーダーも作れるようになるとか。
斬新なニンジンリコーダー、ぜひご自宅で作ってみてはいかがでしょう?もし使わなくなってしまったら、食べるなどして無駄に捨てないことも大切。
詳しい動画は、こちらからチェックできます。

Licensed material used with permission by DaveHax