いつまで続くの…?LINEやメッセージを「印象良く切り上げる」3つの言葉

写真拡大

LINEやFacebookメッセンジャーでやりとりをしていて困るのが、長くなってしまった場合の“終わらせ方”。なかなかタイミングがつかめず、だらだらとやりとりが続いて寝不足になってしまった……なんてこと、誰でも一度は経験があるのでは?

とくに相手が好きな人や恋人だった場合、「嫌われちゃったらどうしよう……」と思ってしまい、終わらせにくいことも……。

そこで今回は、相手の気分を害さずにLINEやメッセージを終わらせる方法を、『Yahoo! 意識調査』の「メールはどうやって終わらせる?」を参考にお伝えします。

 

 

■1:「もう寝ます」とはっきり言う

夜遅い時間までやりとりが続いているときに有効なのが、この言葉。「明日、朝早いから、もう寝るね」と言えば、相手も気を悪くすることはないはず。

もし、それも言いにくいという場合は、「もう遅いし、眠いよね?」と相手を気遣う形にしてみましょう。

 

■2:「お風呂/外出/ご飯」

これ、実際に使っている人も多いのでは? 次にすることがあるから、と伝えることでスムーズにやりとりを終わらせることができますよね。

夜遅くないけど、そろそろやりとりを切り上げたいなってとき、活用してみてください。

 

■3:「電話が来ちゃった」

1や2にような、「自分が〜〜するから」という理由が言いづらい人にオススメなのがこれ。

電話がかかってきてしまったので、という“自分のせいじゃない”理由を使えば、ちょっと気が楽になりますよ!

 

LINEやFacebookメッセンジャーって、会話が弾むと楽しい反面、終わらせどころに悩むことも……。この3つの言葉を臨機応変に使い分けて、相手に嫌な思いをさせずサクッとやりとりを切り上げられるといいですよね。

 

【参考】

※ メールはどうやって終わらせる? - Yahoo! 意識調査