この夏に向け、冷やして食べる商品が続々と発売されている。ついには冷やしておいしいカレーまで登場した。

『ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー』を6月22日に発売した大塚食品広報担当者は発売の経緯をこう語る。

「そうめんに合うカレーを作りたいと、企画開発しました。カレーを冷やすと油分が固まってしまうので、油分をカットし、その分、アーモンドミルクとココナッツミルクでコクを加える工夫をしました」(広報担当者)

「冷やしフード」人気の背景をトレンドウオッチャーのくどうみやこさんが解説する。

「東日本大震災以降、節電志向が高まり、クーラーの温度を高めに設定する家庭が増えました。部屋自体の温度も高くなっているので、ニーズが増えているんでしょう」

 体の中からクールダウンできる、話題の食品が目白押し。早速女性セブン記者が実食してみました!(※価格は編集部調べ)

【ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー(173円/大塚食品)】
 完熟トマトと凍結レモンを使用したカレーのルー。クミンやコリアンダーなど、清涼感のあるスパイスを配合している。
◆記者の感想:そうめんだけでなく、ひやむぎ、そばなどの冷たい麺類には全部合いそう。

【カップヌードルライト プラス 旨だしそうめん(194円/日清食品)】
 オクラ、トマト、パプリカなど、彩り鮮やかな7種類の野菜がたっぷり。鶏だし、しょうが、しいたけのきいた旨みのあるスープが食欲をそそる。
◆記者の感想:お湯少なめ、氷たっぷりで作ると、スープがきりっとひきしまります。

【凍らせてもおいしいカントリーマアム・白くま(216円〈8枚〉/不二家)】
 ミニチョコチップ、パイナップル果肉やオレンジピール、すりつぶした大納言あずきを配合。凍らせると、カリッとした食感を楽しめる。
◆記者の感想:凍らせてちょっと硬くなったチョコチップの食感がたまらない。オレンジピールなどの酸味もアクセントに。

※女性セブン2015年7月9・16日号