SpaceXロケットが爆発、ISS物資補給に失敗(動画あり)

写真拡大

ISSに物資を届ける予定だったSpaceX社のロケット「Falcon 9」が、打ち上げの約2分後に爆発した。ISSへの物資の補給が失敗したのは、この1年間で3回目だ。

国際宇宙ステーション(ISS)に物資を補給する「ドラゴン」補給機を搭載したSpaceX社のロケット「Falcon 9」が6月28日(米国時間)、打ち上げ数分後に爆発した。

「SpaceXロケットが爆発、ISS物資補給に失敗(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

Falcon 9は、ケープ・カナヴェラル空軍基地を飛び立ってから2分19秒後に火の塊となった(冒頭の動画)。本来なら、この41秒後に第1段の分離を開始し、分離した第1段を、海上のドローン船上に着地させる(日本語版記事)予定だった。

Falcon 9の打ち上げは19回目で、失敗したのは今回が初めてのことだ。Falcon 9は現在、別の打ち上げが8月9日にカリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地で予定されている。これは、「Jason 3」(NASAとフランスのCNESによる海洋観測衛星)を軌道に乗せることが目的だ。

幸運にも、今回爆発したのは無人船だった。また、ISSに滞在している宇宙飛行士たちに、食糧がなくなるなどの危険がただちに迫るわけではない。ロシアが7月3日に補給船の打ち上げを予定しているうえ、ISSには9月まで持ちこたえられるだけの十分な物資がある。

ただし、2015年4月には、ロシアの補給船「プログレス59」が軌道上で制御不能となった(日本語版記事)。また、2014年10月には、Orbital Sciences社のロケット「アンタレス」が打ち上げ時に爆発している(日本語版記事)。今回のFalcon 9の打ち上げ失敗により、ISSへの物資の補給が失敗したのはこの1年間で3回目となる。

失われた宇宙船には、いくつかの科学実験装置が搭載されていた。なかでもおそらく最も興味深いのは2台の拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」で、「Sidekick」と呼ばれるテストプログラムに利用される予定だった。

TAG

RocketSpaceXVideoWIRED UK