歯周病や虫歯の原因は歯と歯の隙間の汚れです。歯ブラシを使って磨いたつもりでも、歯の間に歯細かい汚れが残っていて腫れや痛みの原因になります。歯ブラシに加えてさらに汚れを落とすために使いたいのが歯間ブラシ。歯間ブラシを使うと歯の汚れの85%以上が落ちると言われています。ここでは正しい歯間ブラシの使いかたを説明します。

就寝前には必ず歯間ブラシを

毎回食事の後に歯間につまった汚れを落とすのが理想ですが、めんどうな人は就寝前の歯磨きには必ず歯間ブラシを使ってください。一日にたまった食事のかすをしっかり取り除くことで、歯周病や虫歯の予防になります。

歯間ブラシの選びかた

歯間ブラシのサイズが大きすぎると歯茎に傷をつけます。針が歯にあたるときには大きすぎるので1ランク下のサイズに変えてください。歯間ブラシを使っていると歯茎が引き締まり、サイズを大きくしなければならない場合も出てきます。歯間ブラシが歯と歯の間で宙ぶらりんになるときは小さすぎると思ってください。小さすぎると汚れが落ちにくくなります。また、前の歯と奥の歯では使うサイズを変えたほうがよいことも。歯茎の状態を見て、適正なサイズを選んで使いましょう。もし適正なサイズが分からなければ、歯科衛生士や歯科医に相談することをおすすめします。

歯間ブラシの使いかた

歯間ブラシは汚れをとる目的で使うので、思わずごしごし力を入れて磨いてしまいます。強く磨くと歯肉に傷がつくので、歯の根元に沿ってやさしく汚れをとるように動かしましょう。歯茎が腫れていると歯間ブラシが入りにくいこともあり、出血もありますが、継続してブラッシングすることで歯が引き締まってブラシが使いやすくなり、出血もおさまります。ブラシを入れにくいときには、L字型に曲げて使ったり、内側から入れたりして使ってみましょう。ブラシは使用後水で洗って清潔を保つようにしてください。歯ブラシと歯間ブラシのWクリーンアップで歯を健康に保ちましょうね。


writer:松尾真佐代