他人事ではない! 「親の介護」のためにいくら備えておけばいい?

写真拡大

親の介護のための貯蓄については、そこまで身構えなくても大丈夫。「えっ?」と驚きの声が上がりそうですが、親世代は自分たちの親の介護で苦労した経験から「使わずに貯めておかなくては」という意識が強いのですが、社会保障の仕組みが近年大きく変化し、昔ほど介護の費用を備える必要はなくなったといわれています。介護保険の導入で、1割の自己負担でOKとなりました。年金が足りなければ、公的なサポートを受けて負担を軽減することもできます。

(山下まちか/OFFICE-SANGA)

※画像と本文は関係ありません。