ノルウェーからの、次世代「エクストリーム」スタートアップ2選

写真拡大

ノルウェーのヴォスで6月中旬に開催されたイヴェント「Startup Extreme」では、これまであまり知られてこなかったノルウェーのスタートップがいくつか登場した。そのなかから2つを紹介しよう。

「ノルウェーからの、次世代「エクストリーム」スタートアップ2選」の写真・リンク付きの記事はこちら

1.「Socius」/SNS上に点在する投稿を「ストーリー」に紡ぐ

Socius」は、これまでには存在しなかった、刺激的な「ソーシャル・ストーリーテリング」のツールだ。Sociusを利用することで、さまざまなブランドがTwitterのタイムラインでは不可能だった方法で「ストーリー」を語り、ソーシャルメディア上で刺激的な存在になるチャンスを得られる。

Sociusのユーザーは、FacebookやInstagram、Twitter、SoundCloudなどのメディアから、ハッシュタグやプロフィールを情報源として投稿を集めるソーシャルCMS(コンテンツ管理システム)にアクセスできる。そして、それらのコンテンツを「キュレーション」し、選りすぐりの投稿をハブで公開することができる。

現在は、高度にカスタマイズ可能なサーヴィスが提供されているが、いずれは、そのまま利用できるソリューションが提供されそうだ。

共同創設者のダニエル・バトラーは、「Googleがウェブをインデックス化したように、ソーシャルウェブをインデックス化するためのツールが求められている」と話す。

バトラーは、Sociusを「ウェブに置き換わる可能性を秘めたものになるかもしれない」と考えている。スポーツやイヴェントの宣伝に、またその舞台裏のスナップショットをリアルタイムで提供するのに最適だという。

例えば、ベルリン映画祭のSociusハブには、映画祭スポンサーのための特別なスペースがあった。また、スーパーモデルにしてソーシャルメディア界のスーパースターであるカーラ・デルヴィーニュも登場する「Faces of New York Fashion Week」でも、Sociusハブがつくられている。

カーラ・デルヴィーニュは『ウォール・ストリート・ジャーナル』でも、「もしSNSがなかったら、いまの自身の地位は築けていない」という趣旨のコメントを残している。Featureflash / Shutterstock.com

TAG

EVnorwaySNSStartupVideoWIRED UK

2.「Meshcrafts」/EV充電の「Airbnb」を目指す

PHOTOGRAPHS COURTESY OF SOCIUS MESHCRAFTS

ノルウェーには現在6,512の充電ポイントがあり、60,000台の電気自動車が走っている。これは、国民100人に1台という計算だ。

Meshcrafts」の目標は、全世界の電気自動車を、現在の1,500万台から2,000万台へと増やすことだ。

Meshcraftsは、電気自動車の「Airbnb」を目指している。つまり、電気自動車を充電できる場所の利用をアプリによって「民主化」し、使い勝手のよい手頃な方法で車を充電できるようにするのだ。

充電場所を探すのが簡単でわかりやすくなるだけではない。Meshcraftsのシステムは、都市の交通量の抑制や二酸化炭素の排出量の削減にもつながる。

Meshcraftsのアースムンド・モルは、「皆がお互いに電気を売買できるようにしたい」と語る。「われわれは社会空間全体のための、本当にインテリジェントなバックエンド・ソリューションを構築しようとしているのです」

TAG

EVnorwaySNSStartupVideoWIRED UK