Doctors Me(ドクターズミー)- 育児はひとりで抱え込まないで!今すぐ育児ノイローゼ度チェック!

写真拡大

“育児過密”に要注意

望んで、赤ちゃんを産んだのに、育児で気分が塞ぎがち……そんなお母さんが増えています。原因は、赤ちゃんと2人きりになる機会が多い「育児過密」にあるよう。知らぬ間に育児ノイローゼになっていた、なんてことも。
今回は、そんな育児ノイローゼーについて医師に伺いいました。

ストレスが溜まれば、ノイローゼにだってなる!

出産後はこれまでの生活とは一変。ほとんど、赤ちゃんのペースに合わせなくてはなりません。その大変な時期をひとりで乗り越えようと思うと、そのストレスをとても強く感じてしまうでしょう。しかも、ストレスを発散する機会なければ、誰もが育児ノイローゼになってしまいます。

ただでさえ出産後はホルモンのバランスが崩れ、平静でいられないことも増えてきます。これをマタニティーブルーといいい、生理学的にも立証されている現象。それゆえ、お母さんの性格が真面目な方ほど育児ノイローゼになりやすいようです。 子どもを育てるという責任感から完璧なママを目指して無理をしてしまうのです。また、夫や家族のサポートがなく、家事や育児を一人でこなしている、そんな方も要注意。

うまく、乗り越えるためには「これくらいでいっか」という大らかな気持ちを持つこと、ときには人を頼ることがとても大切になります。

自分を客観的に把握。育児ノイローゼ度チェック。

<チェック項目>

□ 育児において激しい孤独感を感じてしまう。
□ 父親や母親、姑などに八つ当たりをしてしまう。
□ 子どもにプチ虐待をしてしまっている自覚がある。
□ 産後に比べ体重が激減している。
□ 些細なことでイライラしてしまう。
□ 炊事洗濯にやる気が出なくなってしまっている。
□ しっかり寝ても前日の疲れが取れない。
□ 育児で睡眠時間が激減してしまっている。
□ 睡眠中夢をよく見て深い眠りにつけない。
□ 人と話すことが苦痛になっている。

<診断結果>
上記項目に、5つ以上該当する場合は、育児ノイローゼ度が高いです。早めに信頼できる第三者に相談するか、可能ならば心療内科、精神科を受診しましょう。