<ISPSハンダグローバルカップ 最終日◇28日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」は全日程が終了。最後まで勝負が縺れた最終日。武藤俊憲とアンジェロ・キュー(フィリピン)がトータル14アンダーで18ホールを終了し、2人のプレーオフに突入した。プレーオフ1ホール目ともにパーで勝負はつかず2ホール目へ。そして、勝負の2ホール目。ここで武藤がバーディでキューを下し、12年の「関西オープン」以来3年ぶりの優勝、ツアー6勝目を果たした。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 2人と1打差のトータル13アンダー3位にはキム・ヒョンソン(韓国)。続くトータル12アンダー4位タイにはイアン・ポールター(イングランド)、デービッド・スメイル(オーストラリア)、H・W・リュー(韓国)、小池一平の4位タイがつけた。さらにジョン・センデン(オーストラリア)、チョ・ミンギュ(韓国)の2人。トータル10アンダー10位タイにはチャール・シュワーツェル(南アフリカ)、藤本佳則、谷口徹、宮本勝昌、張棟圭、チェ・ホソン(韓国)がつけた。
【最終結果】
優勝:武藤俊憲(-14)※プレーオフ
2位:アンジェロ・キュー(-14)
3位:キム・ヒョンソン(-13)
4位T:イアン・ポールター(-12)
4位T:H・W・リュー(-12)
4位T:デービッド・スメイル(-12)
4位T:小池一平(-12)
8位T:ジョン・センデン(-11)
8位T:チョ・ミンギュ(-11)
10位T:藤本佳則(-10)
10位T:チャール・シュワーツェル(-10)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>