健康と美容にいいといわれているトマト。トマトには“リコピン”が含まれており、日焼けによる老化や日焼け後の肌の硬化を防ぐ働きがあると指摘されています。せっかく食べるなら、より効果を発揮させる食べ方を知りたいですよね。そこで今回は、リコピンでキレイ美人に! トマトのおいしい食べ方3つをご紹介いたします。

加熱したほうがいい

リコピン効果を肌で感じるためには、1日10〜20mg摂るのが理想的。トマトだけで毎日200唹幣綽べていくのは、さすがに厳しいですよね。リコピンの吸収を高めるためには、細胞表面の硬い細胞壁を壊し、リコピンをだす必要があります。そのためには“加熱”がオススメ。脂を加えて、加熱するだけで、リコピン効果がUPするそう。また、トマトを細かく刻んだだけでも似たような働きをするといわれています。

毎日食べたほうがいい

気分が向いたときだけトマトを食べるのではなく、毎日摂取することによって、美肌や抗疲労の効果が高まる傾向があります。トマトを食べると、8〜10時間後には血中のリコピン濃度が上昇し、9日ほど経てば、半分にまで減少。美肌を維持するためには、継続的にトマトを食べることが大切になってきます。毎日の摂取が難しければ、トマトジュースも活用してみて。

乳製品と組み合わせる

トマトは油や乳製品と相性バツグン! ヨーグルトやチーズと一緒に食べれば、リコピンの吸収率もぐんぐんUP。なかでもオススメなのが、モッツァレラチーズとトマトの前菜。オリーブオイルも使用しているので、まさにリコピンの吸収を高めるメニューなんです。チーズトーストを焼いて、その上にトマトをのせて食べたり、トマトを焼いて粉チーズをふりかけたりすれば、難しい調理をする必要がないので、忙しい毎日でも簡単に作って食べられますよね。

もっと手軽にトマトを楽しみたいなら、加工品をつかうのもオススメ。トマトジュース、トマトの水煮缶、ケチャップからも、リコピンを摂取できるので、どうしても忙しいときは、こういった食品から摂ってみてもいいかも! 健康と美容にいい「トマト」、ぜひ継続して食べてみてくださいね。


writer:山口 恵理香