<ISPSハンダグローバルカップ 最終日◇28日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」の最終日も混戦。全選手がハーフターンを終了した時点でイアン・ポールター(イングランド)、武藤俊憲、小池一平、デービッド・スメイル(ニュージーラウンド)の4人がトータル12アンダーで並び首位につけた。
 1打差のトータル11アンダー5位タイにはH・W・リュー(韓国)、チョ・ミンギュ(韓国)、張棟圭(韓国)、アンジェロ・キュー(フィリピン)の4人が並ぶ。さらにキム・ヒョンソン(韓国)、チェ・ホソン(韓国)の2人がトータル10アンダーで9位タイとしている。
 また、初日から首位をキープしていた矢野東は前半2つ落としトータル9アンダーの11位タイに後退した。その11位タイには谷口徹、宮本勝昌、竹谷佳孝ら7人が並ぶ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>