無失点での勝利に貢献したDF鮫島「絶対決めてくれると思ってた」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準々決勝が27日に行われ、なでしこジャパンがオーストラリア女子代表を1−0で破り、ベスト4進出を決めた。

 オーストラリアを無失点に抑えて勝利に貢献したなでしこのディフェンス陣が、試合後の取材に応えている。

 DF熊谷紗希は「相手が立ち上がりに日本のパスワークをプレスでハメることができていなかったので、その間にいいテンポでできたと思います」と、なでしこが序盤にいいリズムでパスを回せたことがよかったと話した。

 その熊谷とCBでコンビを組むDF岩清水梓は「ミーティングの時から2人のCBがキーになると話していた。相手の1トップにボールを追わせて、GKも使いながらボールを回して、CBが前に運ぶ。そうすると1トップはもうついてこられなくなった」と、狙い通りになったことを明かしている。

 また、DF鮫島彩は「暑さがあって、日本にとってよかった。相手が前半のうちにバテたのが分かったので、私たちが気持ちで負けることはないと思いました」と、厳しい天候も精神的に強いなでしこにはプラスに働いたと話し、「延長も頭によぎりましたが、勢いがあったので、絶対に90分以内に決めてくれるだろうと思っていました」と、前線の選手を信じていたとコメントした。

 なでしこジャパンは7月1日に準決勝でイングランド女子代表とカナダ女子代表の勝者と対戦する。