【第三弾! 新トヨタ株を買う方法とは?】 元本保証で配当最高2.5%と値上がり益も狙える 新トヨタ株の買い方を4つのステップで詳細に紹介!

写真拡大

トヨタ自動車が新しいタイプの株を発行する。その株とは、「AA型種類株式」と呼ばれるもので、約5年間は売却ができないが、元本保証で最高2.5%の利回りの配当が確定していて値上がり益も狙える株。超低金利の今、個人投資家にとって夢のようなこの株を買うにはどうしたらいいのか。

買えるのは野村證券の本・支店のみ。
申し込みの殺到も予想される!

 この新トヨタ株だが、まず発行価格は特定日のトヨタ株の株価の126〜130%(最大3割増し)で決定され(事前に購入希望価格を募りその需要の強さで決めるブックビルディング方式による)、100株単位の申込みとなる。

個人投資家の購入ステップは以下のとおり。

(1)野村證券本支店窓口で購入希望の申告……6月22日(月)から7月7日(火)までの予定
(2)発行価格等決定日……7月2日(木)から7月7日(火)までの間のいずれかの日
(3)購入お申込み……発行価格等決定日の翌営業日から7月22日(水)まで
→野村證券本支店に発行価格と同一の金額の申込証拠金を添えて申し込む
→同時に「確認書兼同意書」も提出  
(4)株式受け渡し……7月24日(金)

*応募多数で割り当てられなかった場合は購入できない。申し込んだ後、実際に割り当てがあった場合もキャンセルは可能(編集部注:詳細は野村證券の本支店に確認してください)。

 そして、肝心の申込先だが、今回は野村證券の本店と支店のみとなっている(ネットは不可)。つまり、野村證券に口座がないと買えないと言うことになるので、口座がない人は申し込みの前に口座開設が必要となる。

 ここで新トヨタ株についてカンタンに整理しておこう。この新株は約5年間は売却ができないが、それ以降は発行時の価格での売却(トヨタに対して買取り請求)が可能になる。つまり、トヨタが破綻したりしない限り元本が保証される株だ。配当についてだが、1年目は利回り0.5%、2年目は1%と0.5ポイントずつアップして5年目に2.5%になり(5年間の平均利回りは1.5%)、以降はこの利回りが継続される。この水準は個人向け国債の10年物の利息約0.3%と比較しても非常に魅力的だ。

 最後に株の大きな魅力である値上がり益についてはどうか。新トヨタ株は非上場のため、それ自体の株価は変動しない。ただ、5年後以降は売却の他に普通株への転換も選ぶことができる。つまり、トヨタの株価が新トヨタ株の発行価格を上回れば、普通株に転換してそれを売却すれば値上がり益が獲得できる。

 リスクを取りたくない人には非常に魅力的な新トヨタ株。アナタは申し込みますか?

 ちなみに6月20日(土)発売のダイヤモンド・ザイ8月号では、巻頭企画の「株の事件簿」の中で、この複雑なこの新トヨタ株を大図解で詳しく解説している。新トヨタ株に興味がある人はぜひこちらもしっかり読んで新トヨタ株を検討してほしい。