なでしこ大野、豪州戦の勝因は「最後まで信じて戦った結果」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準々決勝が27日に行われ、なでしこジャパンがオーストラリア女子代表を1−0で破り、ベスト4進出を決めた。

 立ち上がりから気持ちのこもったプレーを見せていたFW大野忍は試合後、「(自分のプレーは)結果にはつながらなかったですけど、最後までみんながあきらめないで戦った結果がああいう風な形で終わったんだと思います。最後まで信じて戦った結果だと思います」と、勝利を振り返った。

 厳しい暑さの中で戦ったが「それは相手チームも一緒なので、気持ちでまずは負けないと話していたので、それがしっかりプレーで出たと思います」と、気持ちの面でなでしこが上回ったと自信を見せている。

 試合の内容については「うまくいった部分もありますけど、点としてもっともっと結果を出していかなければいけない課題も、もちろん出たので。また次に向けてしっかり修正して戦っていけたらいいなと思います」と話した。

 そして「最後までみんなでひとつになって戦っていきたいと思いますので、応援をお願いします」と準決勝に向けて意気込んでいる。

 その準決勝は7月1日に行われ、なでしこジャパンはイングランド女子代表とカナダ女子代表の勝者と対戦する。