夏は暑さによる疲れがたまって、風邪を引きやすい季節でもあります。“夏風邪”には冬の風邪とは違う特徴があるって知っていますか? 子供に多い手口足病やプール熱も夏風邪の一種なんです。大人でもかかることがあるので、しっかりと予防しましょう。

“夏風邪”は冬の風邪とどう違うの?

風邪は主にウイルスに感染することによって起こります。冬の風邪はインフルエンザウイルスやライノウイルスをなど、気温が低くて乾燥した環境を好むウイルスが活性化して風邪となりますが、夏風邪は暑くて湿気が高い環境を好み、主に腸管で増殖するエンテロウイルスやアデノウイルスなどによって起こります。風邪の原因となるウイルスが異なるため、冬の風邪と夏風邪では症状も違います。冬の風邪は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が大きく出ますが、夏風邪の主な症状は腹痛や下痢となります。

エッ!! 手口足病やプール熱も夏風邪だった

子供の感染が多い手口足病やプール熱も夏風邪の一種だということをご存知でしたか? 大人でも感染することがあるので、免疫力が下がりやすい夏は注意が必要です。

手口足病は大人がかかると重症化する場合も

手口足病はコクサッキーウイルスなどが原因で起こり、手や足、口の周りなどに水膨れのような湿疹ができるのが特徴です。子どもの場合は、38℃以下の発熱が多く数日間安静にしていれば治りますが、大人が感染すると38℃以上の発熱や水泡にも強い痛みが出ることもあるので要注意です。

プール熱は肺炎などの二次疾患が心配!

プール熱はアデノウイルスが原因で起こり、プールを介して感染しやすいのが特徴です。大人の場合は、プール熱に感染した子供の看病によって感染してしまうことが多いです。免疫力が落ちている時に感染すると重症化してしまいます。特にアデノウイルスによって肺炎や胃腸炎が引き起こされることもあるので要注意です。

手口足病やプール熱の原因となるウイルスに対抗する薬は、今のところありません。大人がかかると重症化することもあるので、家族に感染した人がいたら、こまめに手洗いやうがいを繰り返し、ドアノブなど人がよく触るところは消毒用アルコールで拭くなどの防御策を摂りましょう。暑い夏でも免疫力を落とさないように体調管理することも大切です。


writer:岩田かほり