途中出場から決勝弾…ベスト4進出に貢献の岩渕「素直に嬉しいです」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準々決勝が27日に行われ、なでしこジャパンはオーストラリア女子代表と対戦し、1−0で勝利。2大会連続のベスト4進出を決めた。

 試合後、途中出場で決勝ゴールを決めた岩渕真奈は、「素直に嬉しいです」と得点を喜ぶと、「時間がない状況だったので、とにかく点をと思って入った」と、狙い通りのゴールだったと明言。そして、「本当にみんなが頑張ってくれた90分だったので、少しでも貢献できてよかったです」とチームへの貢献を喜んだ。

 さらに、「前半から暑い中、全員が頑張ってプレーしていたと思うし、最後までみんなで点を取りにいっていたので、本当に勝ててよかったです」と勝利に満足感を示すと、「まだ、なでしこでゴールが少ないんですけど、こうやってまた、大事なところで決められる選手になりたいな、と思います」と、さらなるゴールを誓った。

 なでしこジャパンは7月1日に行われる準決勝で、イングランド女子代表とカナダ女子代表の勝者と対戦する。