新種のタコを海底で発見!その姿が「世界一可愛い」と話題に

写真拡大

この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。adorable-octopus-6

こちらは米カリフォルニア州の深海で発見された新種で、タコのなかでも「メンダコ」に分類されるものだとか。サイズは、約18センチほど。思ったより大きい!?

adorable-octopus-2この可愛いタコを捕獲をしたのは、カリフォルニア州のモントレー湾水族館研究所の海洋生物研究員ステファニー・ブッシュさんとそのチーム。
彼女が海底のサンプルを採集をしていた際に、水深450メートル付近で発見したのだそう。adorable-octopus-5命名権が与えられたステファニーさん。
彼女は学名を「Opisthoteuthis Adorabilis(可愛いメンダコ)」と名付けることを検討しているとか。adorable-octopus-3ゼラチン状のカラダをしており、足の数はタコだけにしっかりと8本。足の間の水かきがすべてつながっていて、パラシュートのようになっています。頭についている耳のようなヒレで進む方向を調整するとか。スクリーンショット 2015-06-26 7.51.41

世界には私たちの知らない生物が、まだまだたくさんいます。
100万種以上の生物が未発見と言われており、その多くが深海にいるとか。深海での調査が進むに連れて、これからも見たことのない生物が発見されるかもしれませんね。実際の動画はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by SciFri