ライザップのトレーニングはボディビル選手の調整に近い!? shutterstock.com

写真拡大

 いま話題の「ライザップ報道」――。その急先鋒である『週刊新潮』(6月18日号)には「2カ月で37万円 『ライザップ』の客とスタッフが危ない!」というセンセーショナルという刺激的な見出しが踊り、スタッフが過酷な労働環境に苦しみ、客が脳卒中で倒れる「重大事故」が発生したと報じられている。

 今回はビジネス面の見方はさておき、フィットネスの観点から、ライザップが行っているトレーニングやダイエットの何が問題なのかを考えたい。

ダイエットではなくボディビルのコンテスト!?

 ライザップの特徴は、基本的に予約制のマンツーマン指導という点だ。顧客のレベルや目標に合わせたトレーニングをマンツーマンで指導し、独自の栄養補助食品(サプリメント)などを摂取させ、徹底した栄養管理を行っている。

 ただし、他のフィットネスクラブでもパーソナルトレーニングを行っている施設はある。プロテインやアミノ酸、ビタミン剤などの栄養補助食品も販売している。当然、栄養士の資格を持つスタッフやトレーナーが栄養指導も行っている。

 では、ライザップでは何が大きく異なるのか? 

 それは「無理をさせるか、無理をさせないか」、ただその違いだけだと思う。ライザップが提唱するダイエットのためのトレーニングは、ボディビルコンテストに出場する選手の調整方法に近い。

 ボディビルは競技ゆえ、「楽しさ」だけではなく「結果」が要求される。スポーツクラブやフィットネスクラブは、どちらかといえば楽しさやストレスの発散、健康づくり、健康維持増進の要素が強いといえるだろう。

 ライザップのキャッチーフレーズ「2カ月間で結果を出す」のは可能だ。しかし、決して楽ではないため、身体にも相当の負担や反動があるのは否めない。糖質を制限するという栄養指導は、ダイエットには効果的だが、肉体的、精神的に追い込み過ぎて無理をさせていないだろうか。

「楽しさ」「大切さ」を体感することが秘訣

 先日、「第10回メディカルフィットネスフォーラム」(主催・日本メディカルフィットネス研究会)が開催され、私もそのなかのシンポジウム「肥満者を対象とした運動プログラムとこれから」に参加した。

 このシンポジウムでは、「筋トレと有酸素運動だけでは、短期間で劇的に脂肪は落ちない」ことが確認された。また、筋トレと有酸素運動の運動効果についても、ダイエットの有意差はさほど見られないと示された。

 結論としては、運動効果を高めるには「運動の習慣化」が何よりも大事で、そのためにはフィットネスの楽しさを知り、運動の大切さを感じてもらうことだった。

 ライザップが行う、過度の食事制限についても目を向けてみよう。いくらビタミンやミネラルをサプリメントで摂取しても、カラダをつくる源は日々の食事だ。一度獲得した理想のスタイルも、それを維持するには食事制限を続けなければならない。

 太古の昔から、食糧不足が人々の諍いを引き起こしてきたのは、周知の事実。過ぎた食事制限は、心理的なイライラやストレスを高める。慣れない初心者は、なおさらそうだろう。そこには、顧客とスタッフとの間に信頼関係が築かれていなければ成功しない。

 顧客にしてみれば「高額の費用を払っている」から、それに見合った丁寧な指導、的確なアドバイス、専門性の高さを求めるのは当然だ。それに見合うだけの質を担保できなかったことが、さまざまなトラブルにつながったのかもしれない。

 そして、短期間で結果を出そうとするあまり、個別性の配慮に欠いたトレーニングへと偏重したのだろうか。「結果にコミット」は「結果"だけ"にコミット」に陥っていなかっただろうか。

 「結果にコミット」するだけでは、そもそも運動の楽しさを習慣化できない。大きな負担を継続させたら、ストレスや反動、トラブル、リバウンドにつながることは、運動指導者であれば基礎知識としてわかっているはず。

 私の運営する施設にも、ライザップ体験者がいる。彼はすぐに、「トレーニングではなく食事制限の効果で痩せた」ことに気づいたと言う。今では、何度もリバウンドを繰り返すという失敗の後、「運動の習慣化」を目的に楽しみながら通っている。フィットネスの本質は、「習慣」「継続」に尽きると思う。

 
村上勇(むらかみ・いさむ)
フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。